八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「被害」の検索結果は以下のとおりです。

記録的大雨 水稲に416万円被害

大雨の影響で一部倒伏した収穫前の水稲=9日午後、名蔵大雨の影響で一部倒伏した収穫前の水稲=9日午後、名蔵
収穫時期のパインやオクラも
 8日の記録的大雨の影響で石垣市内では収穫前の水稲が一部倒伏、パインの株が流されるなど農作物への被害が出ている。JAおきなわ八重山地区営農振興センターによると、大雨で被害が出ているのは収穫時期の水稲、パイン、オクラなど。水稲の倒伏被害は約5㌶で被害予想額は416万円。収穫まで2週間以上かかる稲は収穫ができないか、収穫できても発芽米や水分を吸水した蒸れ米など等級が低くなる恐れがあり、農家の手取りに...
本文を読む

サトウキビ、オクラの被害懸念 相次ぐ13、15号で農家打撃

台風15号の襲来で被害が懸念されるサトウキビ=23日午前、石垣市大川台風15号の襲来で被害が懸念されるサトウキビ=23日午前、石垣市大川
 強い台風15号の襲来に伴い、農作物ではサトウキビ、一部で収穫が行われているオクラへの被害が懸念されている。  石垣島製糖などによると、春植え・株出しのサトウキビが成育期に入っているため、梢頭部に折損が心配という。さらに風向きが西から北、東と変わることが予想されるため、7日から8日にかけて接近した台風13号で南西方向に倒伏したサトウキビが反対方向に倒されて根元に損傷が出ないか危惧される。 ...
本文を読む

台風19号、八重山はオクラやゴーヤに被害 

台風19号の被害状況の報告が行われた県災害対策本部会議=14日午前、県庁台風19号の被害状況の報告が行われた県災害対策本部会議=14日午前、県庁
県内農林水産業で8億円超
 【那覇】県が台風19号対策で10日から設置している県災害対策本部(本部長・仲井真弘多知事)の会議が14日午前、県庁で開かれ、各部局が被害状況を報告した。  県内農林水産業の被害額は同日午前8時の取りまとめで約8億6484万円。最も被害が大きかったのはサトウキビで、約2億9124万円と見込む。  久米島では、車エビの養殖池の内壁破損や高潮によるエビの流出があり、約3億4000万円の被害。...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム