八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「船浦中学校」の検索結果は以下のとおりです。

船浦中、60周年で記念式典

33個人13団体に感謝状が贈られた船浦中学校の創立60周年記念式典=26日午前、同校体育館33個人13団体に感謝状が贈られた船浦中学校の創立60周年記念式典=26日午前、同校体育館
在校生や関係者、地域とともに発展誓う
 【西表】船浦中学校(與世山淳校長、生徒15人)の創立60周年記念式典が26日、同校体育館であり、與世山校長や記念事業期成会の冨里保雄会長が延べ33個人13団体に感謝状を贈った。在校生や歴代校長ら関係者多数が参加し、同校の“還暦”を祝うとともに、今後のさらなる発展を祈念した。  同校は1949(昭和24)年9月、鳩間小学校船浦分校として開校。65(同40)年には単独校として認可され、2017...
本文を読む

女子船浦、5位内目標 競争心養い、好記録狙う

県大会で西表島を盛り上げる走りを誓った船浦中学校女子駅伝チーム=5日午前、南ぬ島石垣空港県大会で西表島を盛り上げる走りを誓った船浦中学校女子駅伝チーム=5日午前、南ぬ島石垣空港
県中学駅伝 髙原監督「集大成のチーム」
 7日に宮古島市で開催される第28回女子県中学駅伝競走大会(県中体連など主催)では、離島勢として地区大会2連覇を果たした船浦が5位以内を目標に掲げて臨む。船浦は地区大会後、短長距離の練習量を増やすとともに、記録会で選手間に競争心を植え付けて好記録を狙う。髙原直樹監督(43)は「私自身にとって集大成のチーム。やり残したことはない」と万全の態勢だ。 (砂川孫優記者)  昨年の県大会で目標の1ケタ...
本文を読む

「勉強もはかどりそう」 船浦中の新校舎が完成

18日から授業が行われている船浦中学校の新校舎=19日午後、同校18日から授業が行われている船浦中学校の新校舎=19日午後、同校
西表
 【西表】資材搬入などの遅れで完成が遅れていた船浦中学校(與世山淳校長、生徒数27人)の校舎がこのほど完成し、18日から新校舎での授業が行われている。同校は今後、伝統の炭焼き体験授業や授業参観を通して、保護者に新校舎を紹介していく考え。  新校舎は鉄筋コンクリート2階建てで延べ床面積は旧校舎と同規模の794平方㍍。1階に職員室や校長室、保健室などを配置。2階に普通教室3室と視聴覚室を整備。照...
本文を読む

歌声のびやかに 全沖縄学校音楽発表会

第61回全沖縄学校音楽発表会で爽やかな歌声を披露した平真小学校の4年生=26日、沖縄市民会館第61回全沖縄学校音楽発表会で爽やかな歌声を披露した平真小学校の4年生=26日、沖縄市民会館
平真小・大原中・船浦中が出場
 【沖縄】第61回全沖縄学校音楽発表会(県音楽教育研究会主催)が26日、沖縄市民会館で行われ、八重山地区を代表して平真小学校、大原中学校、船浦中学校の3校が合唱を披露した。  平真小は4年生全員で「天まで駆けるよ」と「Dream&Dream~夢をつなごう~」を合唱。澄み切った歌声をホールに響かせた。大原中は「時の旅人」、船浦中は「天の川」をそれぞれ全校生徒で披露し、のびやかな歌声を聴かせた。...
本文を読む

良質の木炭が完成 販売収益は生徒の派遣費に

 【西表】船浦中学校(小浜美佐子校長)でこのほど、恒例の「炭出し」が行われた。  毎年行われている炭焼きは5月27日の「切り出し」でスタート。29日に「窯入れ」、31日に「火入れ」、6月30日に待望の「炭だし」を行った。  昨年の炭よりできが良く、生徒やPTA、「なにくそおやじの会」が協力し炭窯からでき上がった木炭を運び出し、4キロロずつ袋に詰めた。完成品は148袋。  生徒会主催の「何袋で...
本文を読む

船浦中は5人が巣立ち 卒業式で夢や進路発表

 【西表】船浦中学校(小浜美佐子校長)で14日、卒業式が行われ5人が巣立った。  「今出発(たびだち)の時一歩踏み出せ君に夢を」をテーマに体育館は、若鳥(カンムリワシ)と気球や風船が天井いっぱいに装飾され、満開の花々で先輩の旅立ちを祝っていた。  卒業証書を胸に、坂田恭平、冨里周高、金城愛華、平良ナナ、宮国優美さんらは、今後の進路や夢を発表、胸を詰まらせ涙声でこれまで支えてもらった人々に感...
本文を読む

船浦中生徒らヒナイビーチ清掃

大量の漂着ごみに驚く
 【西表】船浦中学校(小浜美佐子校長)の生徒18人と職員10人は8日、総合的な学習とボランティア活動の一環として、ヒナイ崎浜(ヒナイビーチ)で清掃を行った。  地域の環境問題について自分たちができることを考えることなどを狙いに行われ、事前に森本孝房さんを講師に「西表島の漂着ゴミ」について学習を深めた。  ヒナイビーチに流れ着いた、大小の発砲スチーロールやペットボトル、電球や蛍光灯、漁具など...
本文を読む

ロボット作りを体験 船浦中で琉大が指導

小中学生ともに熱中
 【西表】独立行政法人・国立青少年教育振興機構子どものゆめ基金助成活動「ロボットを体験しよう~君のロボットは無事ゴールできるか~in船浦中」(主催・琉球大学工学部情報工学科複雑系工学研究室ロボット研究グループ)が17日、船浦中学校体育館で行われた。子どもたち自身がロボットを動かすことを体験し問題を発見、解決する能力を身につけ「創造性」「自主性」「協調性」を育成するのが目的。  山田孝冶琉大工...
本文を読む

生徒ら郷土芸能熱演 船浦中文化祭

吹奏楽や合唱も
 【西表】船浦中学校(田原伊明校長)で19日、「感じよう大自然 深めよう絆 受け継ごう先人の技」(作・堀越大輝)をテーマに第10回文化祭が行われた。  同校文化祭は3年に1度行われてきたが、今年から隔年開催となった。2年前の前回は台風被害のため、体育館が使えず中野のわいわいホールを使用、学校で開催されるのは5年ぶり。  舞台の部で生徒らは、半年間練習した吹奏楽「輝け船中ブラス」や合唱。地域...
本文を読む

海保で鑑識実習も 石垣、船浦中が職場体験

 石垣中学校と船浦中学校の生徒たちが10日、石垣海上保安部で職場体験学習を行った。  同学習は、総合的な学習の一環で、さまざまな職種への知識を深め、働くことへの意識を高めるのが目的。市内の保育所やホテル、牧場など約70カ所で実施している。  同保安部では、海上保安官の業務内容、やりがい、厳しさについて学んでもらおうと、巡視船見学や交通・警備・救難のそれぞれ業務を体験した。  中でも、警備...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム