八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「自衛隊配備」の検索結果は以下のとおりです。

陸自駐屯地工事を再開 中断から21日で沖縄防衛局

工事再開を受け、集められた岩石の回りに足場を設置する作業員ら=10日午後、石垣市平得大俣工事再開を受け、集められた岩石の回りに足場を設置する作業員ら=10日午後、石垣市平得大俣
 石垣市平得大俣の陸上自衛隊配備予定地周辺で国指定特別天然記念物カンムリワシの営巣活動が確認されたとして5月20日から中断していた造成工事を、沖縄防衛局は10日、21日ぶりに再開した。有識者の意見や石垣市との協議を踏まえ、営巣活動が確認された周辺で突発音が生じる岩石破砕作業を一時的に控えるなどの保全対策を講じている、としている。  同局によると、有識者からは▽抱卵期から前期巣内育雛期までの間...
本文を読む

保全種9種を確認 平得大俣地区

第3回の希少動植物調査を行うメンバーら=10月23日、平得大俣(渡辺賢一氏提供)第3回の希少動植物調査を行うメンバーら=10月23日、平得大俣(渡辺賢一氏提供)
希少種への影響懸念
渡辺氏らが調査 陸自配備予定地周辺
 陸上自衛隊配備予定地の平得大俣周辺を対象に前石垣市自然環境保全審議会会長の渡辺賢一氏らメンバー6人が行っている希少野生動植物調査で、これまでに市指定の保全種9種が確認されたことが分かった。昨年5月の第1回調査で3種、同年6月の第2回で3種、ことし10月の第3回で3種と、回を重ねるごとに新たに見つかる保全種が増えている。平得大俣地区は、市が保護区に設定している於茂登岳のふもとに位置しており、渡辺...
本文を読む

陸自配備反対署名 1万4022筆を提出

中山義隆市長に署名簿(手前)を提出した後、「市民の意思の尊重を」と訴える嶺井善共同代表(左)ら=19日午後、庁議室中山義隆市長に署名簿(手前)を提出した後、「市民の意思の尊重を」と訴える嶺井善共同代表(左)ら=19日午後、庁議室
「市民の意思尊重を」市民連絡会
中山市長「重く受け止める」
 石垣島への自衛隊配備をめぐり、「島のどこにもミサイル基地はいらない」「平得大俣の市有地を基地に提供(売却・貸し付けなど)しないことを求める」との要請内容に賛同を求めて署名活動を展開している「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」(共同代表・上原秀政、金城哲浩、波照間忠、嶺井善、八重洋一郎)は19日、この日午後1時までに集まった1万4022筆を中山義隆市長に提出し、市民の意思を尊重するよう求...
本文を読む

調査の中止求めて声明 4公民館と市民連絡会

現地調査の中止に向け、「頑張ろう」と決意を新たにする住民ら=14日午前、開南地区現地調査の中止に向け、「頑張ろう」と決意を新たにする住民ら=14日午前、開南地区
断固配備反対に決意新た
 自衛隊配備に向けた沖縄防衛局の現地調査に対し、石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会(上原秀政氏ら共同代表5人)と周辺4地区の公民館は14日午前、開南地区の交差点で抗議集会を開き、「反対する周辺地域や市民の声を無視し、配備に向けた手続き・調査、市有地の取得や周辺地権者との交渉などが進めば、市民を分断し、混乱を招くことにもなりかねない」として調査の中止を求める声明を出した。  4公民館長は...
本文を読む

市長発言に抗議 受け入れ表明撤回を要求

公民館の意見を聞かずに受け入れ表明をした中山義隆市長に、表明撤回を求めて抗議する4地区の公民館役員=30日午後、川原公民館公民館の意見を聞かずに受け入れ表明をした中山義隆市長に、表明撤回を求めて抗議する4地区の公民館役員=30日午後、川原公民館
4地区公民館
 石垣市平得大俣東の市有地と周辺への陸上自衛隊配備計画をめぐり、配備先予定地に近い開南、嵩田、於茂登、川原の4自治公民館の館長ら役員8人が30日午後、川原公民館で会見し、中山義隆市長が「調整がつかなかった」などと公民館側が面談時期を引き延ばししたかのような印象を与える発言をしていることに「年明けで調整していた。こっちに非があるのか。市民に誤解を与える」と強く抗議するとともに、受け入れ表明を撤回し...
本文を読む

陸自推進の請願を採択

石垣島自衛隊配備推進協議会の請願を採択した後、計画中止を求める嵩田公民館などの請願を不採択とする与党委員(奥)=17日午後、議員協議会室石垣島自衛隊配備推進協議会の請願を採択した後、計画中止を求める嵩田公民館などの請願を不採択とする与党委員(奥)=17日午後、議員協議会室
中止求める訴え不採択
 開会中の6月定例石垣市議会の総務財政委員会(平良秀之委員長、8人)は17日午後、議員協議会室で石垣島への自衛隊配備計画をめぐる請願3件を審議し、配備を求める石垣島自衛隊配備推進協議会(三木巌会長)の請願を採択し、平得大俣地区への配備計画中止を求める嵩田公民館(川満哲生館長)と名蔵地区有志の会(西原章惠代表)の請願を不採択とした。いずれも与党4人の賛成多数。20日の本会議で報告された後、採決され...
本文を読む

賛否めぐり動き活発化 住民の会・配備推進協

 防衛省が500人規模の陸上自衛隊を石垣島に配備する方針を固め、若宮健嗣防衛副大臣が26日、中山義隆市長を訪問するなど、自衛隊配備計画が具体化するのに併せ、地元では今後、反対、賛成双方の動きが活発化する見通しだ。  8月20日に結成された自衛隊配備を止める住民の会(共同代表・上原秀政、下野栄信、仲座初枝)は現在、署名活動を行っており、今後は勉強会などを通して賛同者の拡大を図りたい考え。 ...
本文を読む

自衛隊配備に向け調査へ 中山市長、左藤防衛副大臣と面談

中山義隆石垣市長と面談した左藤章防衛省副大臣(左)=11日午後、市長室中山義隆石垣市長と面談した左藤章防衛省副大臣(左)=11日午後、市長室
調査に協力「情報をオープンに」
 石垣島への自衛隊配備に向けて防衛省の左藤章副大臣は11日午後、石垣市役所で中山義隆市長と面談し、「石垣にも(部隊配備を)検討できるかどうか調査させてほしい」と協力を要請した。中山市長は「国防、安全保障に対しては協力体制は取っていきたいが、配備計画については情報をオープンにしていただき、市民の声を聞きながら判断させてほしい」と述べ、調査に協力する考えを示した。  南西諸島の防衛強化は中期防衛...
本文を読む

「地元に丁寧な説明を」 県議会代表質問

代表質問を行う高嶺善伸氏=26日、県議会代表質問を行う高嶺善伸氏=26日、県議会
与那国陸自配備
県、政府に要望
 【那覇】県議会(喜納昌春議長)2月定例会は26日、代表質問2日目の質疑を行い、高嶺善伸氏(社民・護憲)は与那国町の自衛隊配備を問う住民投票の結果について県の認識を質問し、町田優知事公室長は「賛成が過半数を占めたことは、住民の意志の表れと理解している」と答弁。今後の対応には「自衛隊配備については、地元の理解と協力が得られるよう政府は丁寧な説明と住民の安全安心に配慮すべきだと考えている」と述べた。...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム