八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「聖火リレー」の検索結果は以下のとおりです。

最南端から聖火つなぐ 東京五輪

多くの観客に見守られながら聖火リレーのゴールへと向かう具志堅用高さん=1日午後、舟蔵公園多くの観客に見守られながら聖火リレーのゴールへと向かう具志堅用高さん=1日午後、舟蔵公園
県内唯一の公道リレー 希望と勇気の道照らす
 八重山の地に初めて聖火が渡った―。全国各地をつなぐ東京2020オリンピック聖火リレー(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会主催)は1日、沖縄県内で始まり、初日は石垣市と名護市民会館周辺特設コースの2カ所で行われた。このうち石垣市では730記念碑から舟蔵公園までの約3㌔のルートで14人のランナーが聖火をつないだ。新型コロナウイルスの影響で他市町村の聖火リレーが中止、無観客開催となる...
本文を読む

平良さんに鳴り物でエール 伴ネットやいまのメンバーら

伴ネットやいまのメンバーが同会会長を長年務めた平良常さんを応援した=1日午後、730交差点付近伴ネットやいまのメンバーが同会会長を長年務めた平良常さんを応援した=1日午後、730交差点付近
 第一走者の平良常さん(84)を応援しようと、視覚障がい者の伴走をサポートする沖縄伴走ランナーネットワーク八重山支部(伴ネットやいま)のメンバー約20人が730交差点付近に集結。同会元会長で全盲の常さんに、太鼓など鳴り物でエールを送った。  伴ネットの福仲用治さん(66)は与那国の太鼓を手に沿道入り。「(常さんは)伴ネットの親分。視覚障がいなので、目立つ太鼓にしようと思った。自分も聖火を持っ...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム