八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「緊急事態宣言」の検索結果は以下のとおりです。

【速報】緊急事態宣言28日で解除 外出自粛、時短要請も

県独自の緊急事態宣言の解除を発表する玉城デニー知事=27日、県庁県独自の緊急事態宣言の解除を発表する玉城デニー知事=27日、県庁
玉城知事 リバウンド警戒、対策の継続を
 【那覇】玉城デニー知事は27日午後、県庁で記者会見し、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた県独自の緊急事態宣言を28日で解除すると発表した。県民に対する外出自粛や飲食店や接待を伴う遊興施設などへの営業時短要請も解除する。同日までに警戒レベルを第3段階(感染流行期)に引き下げた。1月20日から始まった緊急事態宣言の期間は40日間だった。同日開かれた県の対策本部会議で決定した。  玉城知事は...
本文を読む

県時短緩和「中途半端」

24日から営業時間が午後10時に緩和された石垣市。多くの店が延長している=24日午後8時20分、石垣市美崎町24日から営業時間が午後10時に緩和された石垣市。多くの店が延長している=24日午後8時20分、石垣市美崎町
飲食店 協力金減額に心境複雑も
 県が独自の緊急事態宣言で石垣市の飲食店に求めていた午後8時までの時短営業が24日から午後10時に緩和され、市内の多くの飲食店が営業時間を延長した。時短緩和を受け市内の事業者からは「残り5日での緩和は中途半端」「2時間で2万円以上の売り上げがあるか分からない」など、不満と不安の声が聞かれた。時短営業を緩和したことで県は1日当たりの協力金を1日4万円から2万円に減額している。  時短緩和を受け...
本文を読む

続く市民への負担 街に疲弊の色濃く

37165.JPG
県宣言延長
 新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う県独自の緊急事態宣言が延長されることになった。「やむを得ないけど、これまでで一番厳しい」「協力金だけでは給与を支払えない」「生き残り方を考えないと」。八重山郡内からも不安の声が上がった。  石垣市内で居酒屋を営む男性(20代)は「時短営業をやらないとコロナも収束しない。特別給付金がもう一度出れば、もう少しバイトの人たちに安心して休んでもらう事もできるの...
本文を読む

崖っぷちの観光業 3月の修学旅行も危機

ほとんどの店舗が臨時休業している川平湾周辺。市営駐車場の利用者もゼロになった=2日午前11時50分ごろほとんどの店舗が臨時休業している川平湾周辺。市営駐車場の利用者もゼロになった=2日午前11時50分ごろ
緊急事態宣言延長
 国が主要都市を対象に行っている緊急事態宣言の延長が2日、発表された。今回の延長で宣言期間は1月8日から2カ月間に長期化し、GoToトラベルキャンペーンも停止を継続する。市内の観光関連事業者にとっては、経営難に追い打ちをかけることになる。「我慢も限界」「補償がない」「3月の修学旅行も見込めない」と崖っぷちだ。  2日午前、川平湾では駐車場に車が一台も無かった。川平公園内の観光施設や土産店もほ...
本文を読む

午後8時の時短開始 各店舗、収入確保に必死

午後8時までの時短がスタートし、店舗で協力を呼び掛ける県職員ら=22日夜、市内美崎町午後8時までの時短がスタートし、店舗で協力を呼び掛ける県職員ら=22日夜、市内美崎町
緊急事態宣言
 県の緊急事態宣言に基づき、飲食店などで午後8時までの時短営業が22日、始まった。石垣市内では営業終了時間が午後10時から2時間短縮された。美崎町の店舗は「午後8時まで時短」など張り紙で告示。深夜営業だった店舗も、昼営業に切り替えるなど収入確保に必死だ。県の担当者らが同日夕、協力金制度周知のため店舗を巡回し協力を呼び掛けた。  美崎町では週末の金曜日にもかからず、人出は少なく閑散。近隣飲食店...
本文を読む

沖縄県 緊急事態宣言を発令 2月7日まで

県独自の緊急事態宣言を発令する玉城デニー知事=19日、県庁県独自の緊急事態宣言を発令する玉城デニー知事=19日、県庁
不要不急の外出自粛 飲食店、午後8時の時短
 【那覇】新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからないため県は19日、独自の緊急事態宣言を発令した。県民や事業者、来訪者に対する不要不急の外出自粛を要請、特に午後8時以降は徹底するよう求めた。石垣市を含む7市の飲食店と遊興施設に出している営業時間短縮要請を県内全域に拡大し、2時間前倒しの午後8時とする。酒類の提供は午後7時までに短縮する。県独自の宣言発令は昨年4月と7月に続き3度目。(8、9...
本文を読む

幅広い業種の支援を 「事業・雇用継続できない」

3市町商工会に危機感
 県独自の緊急事態宣言では時短営業に対する協力金の対象が飲食業のみとなっているため、八重山3市町商工会からは「宣言はやむを得ないが、すでに首都圏への国の緊急事態宣言で人が来なくなっている。影響は飲食業だけではない。卸し業者や小売業など他の業種はどうなるか」などと危機感を募らせ、幅広い業種への支援を訴える声が相次いだ。  石垣市商工会の下地寛正会長代行は「首都圏への緊急事態宣言ですでに人が来な...
本文を読む

5月6日まで延長へ 緊急事態宣言で中山市長

 中山義隆市長は24日、30日で終了する予定だった市緊急事態宣言を5月6日まで延長すると発表し、市民に対し引き続き自宅待機を要望した。中央運動公園や体育施設、住区基幹公園などの利用停止期間も延長する。  島内に感染者がいる可能性が排除できないこと、国・県の緊急事態宣言が5月6日まで発令されていることを考慮した。  食料品を扱う店舗では「3密」の状況になる場面があることから、大型店舗に対し...
本文を読む

新型コロナ 竹富町も緊急事態宣言

会見で緊急事態宣言を発表する西大舛高旬町長=17日午後、竹富町役場仮庁舎会見で緊急事態宣言を発表する西大舛高旬町長=17日午後、竹富町役場仮庁舎
高速船、20日から再減便へ
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため国や石垣市が緊急事態宣言を打ち出したことで竹富町は17日、同町の緊急事態を宣言した。18日~5月6日までの間、町民らの不要不急の外出自粛、自宅待機を求める内容。また、20日から各離島を結ぶ高速船の再減便を実施する。  すでに減便されている石垣島と各離島を結ぶ高速船に対し同町は17日付で、船会社に再減便を要請し調整。以前減便した1日4便(8往復)の航路の場...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム