八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「求人」の検索結果は以下のとおりです。

八重山職安 高卒求人 回復の兆し

就職採用試験に向けて面接の練習をする高校生と進路指導部の職員=20日午後、八重山農林高校就職採用試験に向けて面接の練習をする高校生と進路指導部の職員=20日午後、八重山農林高校
「まだミスマッチな状態」
 八重山公共職業安定所(真壁朝文所長)管内の2021年3月高卒予定者の求人倍率が9月末時点で2・13倍と、回復傾向にあることが21日までに分かった。同職安が八重山毎日新聞社の取材に答えた。求人件数37社77人分に対し、同所に届け出のあった就職希望者は36人。真壁所長は「生徒にとってはまだまだ選択肢が少ない状態。ミスマッチによる離職を防ぐためにも、地元企業の新規求人をもっと確保したい」と話している...
本文を読む

4月の新規求人4割減 八重山職安

雇用の動き雇用の動き
“就職難民”も増加傾向
 八重山職業安定所(真壁朝文所長)は4日、2020年4月の雇用の動きを発表した。新型コロナウイルス影響下の非常事態宣言に伴い、臨時休業などで経済活動が冷え込んだため、新規求人数は対前年同月比39・7%(170人)減の258人に。有効求人倍率は1・12倍で対前年同月比から0・38ポイント低下した。4月を迎えても就職先が決まらず、継続して求職を続ける“就職難民”も増加傾向にある。雇用情勢について同所...
本文を読む

過去最高の1518人 2月の月間有効求人数

求人数・求職者数の推移求人数・求職者数の推移
新規求人数も過去最多 八重山管内
好調な観光堅調に推移
 2月の新規求人数が781人と過去最多となり、月間有効求人数も1518人と過去最高を記録したことが八重山公共職業安定所(寺島浩代所長)のまとめで分かった。例年、新年度を前にした2、3月は求人数が伸びる傾向にあるが、好調な観光を背景にした活発な経済活動がさらに求人数を押し上げた。  前年同月に比べ、新規求人数は39・0%(219人)、新規求職申込件数も462人と66・2%(184件)の伸びを示...
本文を読む

人材確保にあの手この手 市内事業所

求職者の目を引こうと賃金アップをPRする求人票=6日午後、八重山公共職業安定所内求職者の目を引こうと賃金アップをPRする求人票=6日午後、八重山公共職業安定所内
求人側に正社員募集の動き 雇用条件よくし定着図る
 2013年3月7日の南ぬ島石垣空港の開港以降の好調な観光に伴い、ホテルや飲食などの業界を中心に従業員を求める求人数が大幅に増加し「人手不足」が深刻化しているのを受け、石垣市内の事業所には、賃金の引き上げのほか、アルバイトやパートから正社員での募集に転換する動きが広がっている。「雇用条件をよくして求職者を惹きつけたい」と人材確保にあの手この手で対策を講じているようだ。  新空港開港後、求人数...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム