八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「忘勿石」の検索結果は以下のとおりです。

郷友会などで修復目指す 忘勿石之碑準備委が確認

台風の影響で板面が剥離した忘勿石之碑(左)=6月1日、南風見田海岸台風の影響で板面が剥離した忘勿石之碑(左)=6月1日、南風見田海岸
施工、資金など検討へ
 【西表】昨年9月の台風18号で破損した西表島南風見田海岸の忘勿石之碑を復元しようと、有志らが動きだしている。ことし3月に期成会準備委員会(内原勲会長)を立ち上げ協議を重ねた結果、石垣在波照間郷友会と西表東部在波照間郷友会、波照間公民館の3者で修復を目指す方向性を確認した。準備委は施工方法や資金調達に向けた募金・クラウドファンディング(CF)活用などの素案をまとめ、郷友会員と波照間、西表東部の住...
本文を読む

「惨劇、後世に伝える」 忘勿石之碑で慰霊祭

マラリアなどの犠牲となった人たちの冥福を祈った第23回忘勿(わするな)石之碑慰霊祭=15日午前、同碑マラリアなどの犠牲となった人たちの冥福を祈った第23回忘勿(わするな)石之碑慰霊祭=15日午前、同碑
 【西表】太平洋戦争末期の1945(昭和20)年に波照間島から西表島南風見田に疎開させられマラリアなどで亡くなった犠牲者を追悼する第23回忘勿(わするな)石之碑慰霊祭(同碑保存会主催)が15日、南風見田海岸にある忘勿石之碑で行われ、遺族や関係者、地域住民など約20人が犠牲者の冥福を祈るとともに恒久平和を祈願した。  南風見田には波照間島の住民1590人が疎開させられ、わずか4カ月で学童60人...
本文を読む

強制疎開の犠牲者を追悼 忘勿石之碑で慰霊祭

戦争マラリアの悲劇継承へ
 【西表】太平洋戦争末期の1945(昭和20)年に波照間島から西表島の南風見田に「強制疎開」させられて亡くなった犠牲者を追悼する第19回忘勿(わするな)石之碑慰霊祭(忘勿石之碑保存会主催)が「終戦記念日」の8月15日、南風見田にある忘勿石之碑で行われた。1992年の建立以来、毎年続けられている同慰霊祭は参列者が減る傾向にあり、今年は8人。戦後65年を迎え、遺族の高齢化が進むなか、遺族や地元の人たち...
本文を読む

「戦争って残酷」忘勿石之碑で慰霊祭

 【西表】忘勿(わするな)石之碑慰霊祭が「終戦記念日」の15日正午から南風見田の浜に建立されている同碑で行われ、遺族ら約10人が参列した。  犠牲者に対して黙とうをささげたあと、献花を行い、犠牲者の霊を慰めた。  同碑保存会の平田一雄会長が「『戦争のことは忘れてしまえ』と言う人もいるが、戦争ほど残酷なものはない。年を取った人や幼い子どもが弾や爆弾ではなく、悪性マラリアで亡くなった」とあいさ...
本文を読む

平和の願い込め「忘勿石」を合唱 名古屋市の「合唱団みどり」

 名古屋市緑区で活動する「合唱団みどり」(二村すみゑ代表)のメンバーが27日、西表島を訪問し、南風見田の浜の「忘勿石之碑」の前で平和と鎮魂の願いを込めた歌「忘勿石」を合唱するとともに、町離島総合振興センターで交流コンサートを行った。  沖縄戦の強制疎開で多くの犠牲者が出た悲劇を伝える歌「忘勿石」(作詞・加屋本賢光、作曲・安里隆)を、緑区の元大学教授・野原敏雄さんが楽譜を持ち帰り、合唱団みどりの伴...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム