八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「平和学習」の検索結果は以下のとおりです。

部員らが平和学習 少年荒鷲石垣小FC

避難先の出入り口となっていた川沿いで潮平正道さんの話を聞く子どもたち=21日午前、名蔵白水避難先の出入り口となっていた川沿いで潮平正道さんの話を聞く子どもたち=21日午前、名蔵白水
徒歩避難で当時追体験
 少年荒鷲野球団(大濱明彦監督)と石垣小FC(崎山用育監督)のメンバー30人が国際平和の日の21日、戦時中に強制避難先となっていた名蔵白水を訪れた。体験者から話を聞いた後、白水から石垣小学校まで歩き、当時の人たちの苦労を追体験した。  少年団は夏休みにレクリエーションを兼ねて平和について考える取り組みを行っているが、ことしは新型コロナウイルスの影響で部活動も自粛となって実施できなかったため、...
本文を読む

平和の尊さ再確認 生徒ら体験活動や展示で

生徒が戦争と平和に関する読み聞かせを行い、平和の尊さを再確認した=16日午前、市立図書館生徒が戦争と平和に関する読み聞かせを行い、平和の尊さを再確認した=16日午前、市立図書館
八重農
 6月23日の「慰霊の日」に向け平和への意識を高めてもらおうと、八重山農林高校の平和教育委員会は16日、校内外の各会場で平和学習会を開いた。全校生徒を対象に行われ、生徒たちは校内の展示や体験活動を通して平和の尊さを再確認した。  同学習会は、会を通して生徒一人一人が平和の尊さ、大切さを再確認する場とすることが目的。  このうちライフスキル科の2、3年生45人は同日午前、石垣市立図書館で絵...
本文を読む

各地で平和学習 慰霊の日前に当時の様子学ぶ

「暁之塔」を磨き戦没者の御霊を慰める川原小学校の児童ら=21日午前、石垣市たい肥センター北「暁之塔」を磨き戦没者の御霊を慰める川原小学校の児童ら=21日午前、石垣市たい肥センター北
不戦の誓い立てる 川原小児童、「暁之塔」を清掃
 23日の慰霊の日を前に、川原小学校(仲皿涼子校長、児童23人)は21日午前、第二十八師団第三野戦病院跡地に建てられた「暁之塔」で慰霊集会を行った。児童21人が塔や周辺を掃除し、折り鶴や歌をささげて戦争犠牲者の御霊を慰め、不戦の誓いを立てた。  暁之塔は1975年、同病院の生存者など有志が、現在の石垣市たい肥センター北に建立。将兵や准看護婦など戦没者11人の名が記されており、川原小は慰霊の日...
本文を読む

八重山の戦争を学ぶ

大阪から修学旅行の羽衣学園中3年生
体験談や平和を願う歌も
 修学旅行で八重山を訪れた大阪府高石市の羽衣学園中学校の3年生41人が24日午後、八重山平和祈念館を訪れ、八重山戦争マラリア遺族会の佐久川勲会長(79)の戦争当時の体験や、戦争体験者の平和への思いが込められた歌に耳を傾けた。  幼児期に戦争体験した佐久川会長は、戦争末期に日本軍の命令で白水地区に避難させられ、マラリアで家族を次々に失い、自身も九死に一生を得た悲惨な体験から、「生きた」のではな...
本文を読む

メッセージ展開幕 平和祈念館

八重山から3部門に17点入賞
 第24回児童・生徒の平和メッセージ展(県平和祈念資料館主催)が16日、八重山平和祈念館で始まった。図画、作文、詩の3部門で、八重山地区から入選した17点を含む104点を展示している。同日午前の開会式には、八重山地区から入賞した16人のうち12人が出席し、小学校低学年の部の作文で最優秀賞に輝いた畠中愛佳さん(真喜良小1年)と同部の詩で最優秀賞になった増田健琉君(同3年)が作品を朗読した。  ...
本文を読む

平和大使に4人を委嘱 広島、長崎の祈念式典に参列

22932.jpg
 2013広島・長崎平和大使への委嘱状交付式が25日午後、市役所庁議室であり、中山義隆市長が広島平和大使に平田こころさん(石垣第二中3年)と向井美波流さん(石垣中1年)、長崎平和大使に下地諒君(吉原小6年)と小田島汐音さん(同)をそれぞれ委嘱。市内の全幼小中学校の児童生徒と市役所職員が折った千羽鶴を託した。  平田さんと向井さんは市が募集した「平和を考える作文」、下地君と小田島さんは「平和を考え...
本文を読む

海星小児童が平和集会

平得美帆さんと「月桃」合唱
 海星小学校(石垣陽一郎校長)の平和集会が21日午前、カトリック石垣教会聖堂で開かれ、同校25期生の平得美帆さんが「レクイエム」「童神」を披露し、「月桃」を児童とともに合唱した。  平得さんは「命を大切にし、父母や周りの人たちへの感謝を忘れず、強く元気に生きてほしい」と呼びかけた。  平和学習の報告では、4年生が「石垣島の戦跡」、5年生が「西表島の忘勿石」、6年生が「沖縄本島の戦跡」についてそれ...
本文を読む

安里君(久部良小1年)が最優秀賞 平和メッセージ展

「へいわってすてきだね」 23日の戦没者追悼式で朗読
 【那覇】県平和祈念資料館(上與那原美和子館長)は13日午後、県庁で会見し、図画と作文、詩の創作を通して平和について考える「第23回児童・生徒の平和メッセージ展」の受賞者を発表した。詩の部小学校低学年では、与那国町立久部良小1年の安里有生(ゆうき)君の「へいわってすてきだね」が最優秀賞に選ばれ、23日に糸満市で行われる沖縄全戦没者追悼式で「平和の詩」を朗読することも決まった。  同展は、特別支援...
本文を読む

戦争と子どもたち展始まる 平和祈念館

平和の尊さ知る機会に
 八重山平和祈念館の第2回戦争と子どもたち展が8日から始まった。7月7日まで。  同展は2008年の1回目の内容に新たな資料やコーナーを追加し、再編成したもの。  戦前から沖縄戦当時の子どもたちの生活や学校教育、世界各地で起きている紛争や少年兵の問題点などをパネルやビデオ映像で見ることができるようになっている。  初日の8日は、自治労宮古島市職労青年部のメンバーらが先島親善平和学習会の一環で同館...
本文を読む

慰安婦展始まる 郡内の慰安所も解説

 「沖縄戦と日本軍『慰安婦展』-石垣」(同実行委員会主催)が10日から八重山平和祈念館で始まった。14日まで。  同展は6月15日から27日まで那覇市歴史博物館で開かれたもの。慰安婦をテーマにした展示会は県内で同展が初めて。  いしがき女性9条の会など3団体が石垣での開催を実行委員会に依頼し、パネルや資料を運んで実現させた。  同展は旧日本軍の沖縄配備に伴って本格化した慰安所設置と慰安婦...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム