八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「市消防本部」の検索結果は以下のとおりです。

市消防 化学ポンプ車導入

石垣市消防本部に初めて導入された化学ポンプ自動車=1日、同本部石垣市消防本部に初めて導入された化学ポンプ自動車=1日、同本部
薬液搭載 消火効率向上を期待
 石垣市消防本部(宇根規光消防長)は4月27日、同消防署に、初の化学ポンプ自動車と普通火災用薬液を導入した。同ポンプ車を油火災だけでなく一般火災の対応にも活用し、消火時間の短縮、使用水量の節減を図りたい考え。7日に同車両の運用開始式を行う。  同ポンプ車は、水の浸透力を高める普通火災用薬液と、泡で包みこんで酸素を遮断する油火災用薬液を、薬液槽に250㍑ずつ積載し、火災ごとに適した薬液と水を混...
本文を読む

特異行方不明者捜索で協定 県内初、八重山署と市消防本部

特異行方不明者の捜索に関する協定を結んだ右から八重山警察署の与那嶺一文署長、石垣市消防本部の宇根規光消防長=14日午後、八重山署3階訓授場特異行方不明者の捜索に関する協定を結んだ右から八重山警察署の与那嶺一文署長、石垣市消防本部の宇根規光消防長=14日午後、八重山署3階訓授場
 八重山警察署(与那嶺一文署長)と石垣市消防本部(宇根規光消防長)は14日、生命・身体に危険が及ぶ恐れのある特異行方不明者を連携して捜索活動を実施し早期発見・保護につなげることを目的とした協定を締結した。これにより、森林での捜索活動など人員が求められる際、届け出人の了解を得て双方が合同で捜索を行うことが可能となった。県内初の協定となる。  協定が対象とするのは▽自救能力がない恐れがある▽事故...
本文を読む

応急手当て法を体験

市消防の真栄田義史救急救命士(右)から心肺蘇生法について説明を聞く応急手当て講習会の参加者=9日午後、市消防本部2階会議室市消防の真栄田義史救急救命士(右)から心肺蘇生法について説明を聞く応急手当て講習会の参加者=9日午後、市消防本部2階会議室
保育士や育児中の父母ら
 石垣市内の保育士や育児中の保護者を対象にした「応急手当て講習会」(市消防本部主催)が9日午後、市消防本部2階会議室で開かれ、19人が乳幼児に対する応急処置や心肺蘇生法について学んだ。  参加者は、市消防の真栄田義史救急救命士から指導を受けながら、自動体外式除細動器(AED)の使い方を学ぶとともに、心肺蘇生法練習用人形を使って心臓マッサージや気道確保、人工呼吸などを体験した。  真栄田救...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム