八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「尖閣諸島」の検索結果は以下のとおりです。

尖閣諸島情報発信へ 石垣市ふるさと納税を活用

石垣市が尖閣諸島自然環境基礎調査事業として製作した尖閣諸島の3Dジオラマ。これも情報発信事業に活用する=2015年1月13日、市民会館展示ホール石垣市が尖閣諸島自然環境基礎調査事業として製作した尖閣諸島の3Dジオラマ。これも情報発信事業に活用する=2015年1月13日、市民会館展示ホール
 石垣市は、尖閣諸島に関する地元からの情報発信の拠点創出が急務だとして、ふるさと納税を活用して尖閣諸島資料収集・情報発信事業を展開する。尖閣諸島の歴史や周辺海域を含む自然環境について国内外に発信する取り組み。国・県に資料館の整備を引き続き要請しながら、施設整備や発信方法について具体的に検討する考えだ。  尖閣諸島をめぐっては、日中外相会談で11月下旬に来日した王毅外相が「真相が分からない一部...
本文を読む

尖閣上陸決議可決へ きょう市議会最終本会議

 石垣市議会与党は18日の9月定例会最終本会議で、尖閣諸島への上陸調査活動と気象・海象観測拠点などを求める意見書と上陸調査決議の議員提出議案を提出する。17日の議会運営委員会で上程が決まった。本会でも可決される見通しだ。  尖閣諸島周辺海域での漁船の安全操業に資する各施設整備に向けた現地の調査・視察に国の支援を求めるため。意見書で気象・海観測拠点、灯台、無線中継施設、船だまりなどの整備を求め...
本文を読む

「字登野城尖閣」変更を可決 真っ向対立も与党賛成多数

尖閣諸島の字名を変更する議案に起立して賛成する与党議員ら=22日午前、本会議場尖閣諸島の字名を変更する議案に起立して賛成する与党議員ら=22日午前、本会議場
石垣市議会最終本会議 台湾に反発する動き
 石垣市議会(平良秀之議長)は22日、6月定例会最終本会議で、尖閣諸島の字名を「字登野城」から「字登野城尖閣」に変更する議案を与党らの賛成多数(13対8)で可決した。台湾では反発の声が挙がっており、関係悪化が懸念されるが、中山義隆市長は取材に「これまでの長い信頼関係がある」と述べ、影響はないとの認識を示した。10月1日に施行される。( 面に関連)  市は今月9日、現字名では一見して「尖閣」と...
本文を読む

尖閣字名変更 効率化目的「急ぐ必要ない」

尖閣諸島字名変更案に関する質問に答える中山義隆市長=18日午後、本会議場尖閣諸島字名変更案に関する質問に答える中山義隆市長=18日午後、本会議場
検討委に有識者が意見
 事務手続きの効率化などを目的に尖閣諸島の字名を「字登野城」から「字登野城尖閣」にする変更案をめぐり、石垣市から意見を求められた有識者が「事務処理上の効率化のために、という点で変更を急ぐ必要はない」と助言していたことが、市尖閣諸島字名変更検討委員会(委員長・知念永一郎総務部長、12人)の議事録で分かった。委員から国際的な影響を懸念する声が出ていたことも判明した。  議事録によると、関係部課長...
本文を読む

石垣市 「固有の領土」内外に発信

式辞で「尖閣諸島はまぎれもなく固有の領土としての歴史的事実がある」と述べる中山義隆市長(壇上)=14日午後、市民会館中ホール式辞で「尖閣諸島はまぎれもなく固有の領土としての歴史的事実がある」と述べる中山義隆市長(壇上)=14日午後、市民会館中ホール
尖閣諸島開拓の日式典で
 尖閣諸島開拓の日を定める条例に基づき、石垣市は14日、尖閣諸島開拓の日式典を市民会館中ホールで開き、石垣島から北西約170㌔に位置する尖閣諸島(魚釣島、南小島、北小島、久場島、大正島)が歴史的にも国際法上も石垣市の行政区域に属する日本固有の領土であることを内外に発信した。  同条例は2010年12月、議員提案で制定された。尖閣諸島が日本の領土に編入することを閣議決定した1895(明治28)...
本文を読む

「国連で尖閣問題発言を」 市議会が意見書を可決

翁長知事に国連人権理事会の演説で尖閣諸島問題を取り上げることを求める意見書を可決した石垣市議会=15日午前、議場翁長知事に国連人権理事会の演説で尖閣諸島問題を取り上げることを求める意見書を可決した石垣市議会=15日午前、議場
 翁長雄志知事が国連人権理事会で米軍普天間飛行場の辺野古移設問題で演説する件で、開会中の石垣市議会9月定例会は15日午前、翁長知事に同演説で尖閣諸島問題を取り上げることを求める意見書を賛成13、反対7の賛成多数で可決、同日付で知事宛て郵送した。  意見書は「中国による一方的な領有権の主張により、尖閣周辺海域での自由で安全な漁業が脅かされ、人権侵害になっている」と指摘、国連人権理事会で尖閣問題...
本文を読む

尖閣の3Dジオラマ完成 きょうから一般公開

尖閣諸島の3Dジオラマ。手前は魚釣島=13日午後、市民会館展示ホール尖閣諸島の3Dジオラマ。手前は魚釣島=13日午後、市民会館展示ホール
自然や歴史知る資料に 18日まで、市民会館
 石垣市は、尖閣諸島の3Dジオラマ(立体模型)を作製し、「尖閣諸島開拓の日」の14日午後2時半から市民開館展示ホールで公開する。式典は午後3時から市民会館中ホールで開かれる。  ジオラマは尖閣諸島の魚釣島や北小島、南小島、久場島、大正島、岩礁をそれぞれかたどった白色の模型に衛星画像などを投影するシステム。現在の島の状況、植生分布、ヤギの食害、漂着ごみの集積などを立体的に見ることができる。 ...
本文を読む

尖閣警備、専従体制に 海上保安庁

尖閣諸島周辺海域の警備に当たる海上保安庁の巡視船=2012年9月2日。海保は2015年度までに尖閣専従の警備体制を構築する尖閣諸島周辺海域の警備に当たる海上保安庁の巡視船=2012年9月2日。海保は2015年度までに尖閣専従の警備体制を構築する
15年度までに構築 石垣は10隻4600人増強
 尖閣諸島周辺で中国公船が領海侵入を繰り返している情勢を受け、海上保安庁は2015年度末までに、巡視船12隻と約600人規模の保安官を沖縄に配備するなど、尖閣専従の警備体制を構築する計画だ。石垣海上保安部は10隻、400人超の増強となる見通し。海保はすでに新造船10隻を発注しており、14年度に4隻、15年度に6隻を配備する予定だ。那覇海上保安部は2隻増となる。  現行の尖閣警備は、第11管区...
本文を読む

「東アジアと交流を」 尖閣諸島開拓の日式典

尖閣諸島開拓の日式典に参加する人たち=14日午後3時すぎ、市民会館中ホール尖閣諸島開拓の日式典に参加する人たち=14日午後3時すぎ、市民会館中ホール
中山市長考え示す
 「尖閣諸島開拓の日」の14日、石垣市は市民会館中ホールで式典を開催した。中山義隆市長は、尖閣諸島をめぐる情勢が「緊張状態」にあるとして、中国や台湾など近隣諸国との交流を展開すべきだとの考えを示した。  1月14日は、日本政府が1895年(明治28年)に固有の領土として編入することを閣議決定した日。市議会が2010年12月20日、同日を定める条例を制定している。  式典で中山市長は、尖閣...
本文を読む

「早く安心安全な海を」 尖閣国有化から1年

魚釣島近海を航行する中国公船(中央)。海保が警戒に当たる=8月7日、仲間均市議撮影魚釣島近海を航行する中国公船(中央)。海保が警戒に当たる=8月7日、仲間均市議撮影
国家間の緊張常態化 中国の領海、領空侵入が激増
 石垣市の行政区となっている尖閣諸島の魚釣島、北小島、南小島の3島は11日、国有化されてから1年を迎える。尖閣諸島周辺の領海、領空は中国の船や飛行機に脅かされる事態が激増、国家間の緊張が常態化している。10日も午後3時現在、8隻が領海内で航行しているのが確認された。地元漁業関係者からは「早く安心安全な海にしてもらいたい」と沈静化を望む声が上がる。  国有化後、日本政府が中国をけん制するため台...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム