八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「在日米軍」の検索結果は以下のとおりです。

玄関に掛けた大形カレンダーも最後の一枚に…

 玄関に掛けた大形カレンダーも最後の一枚になった。戸を開閉するたびに風にあおられ、ひらひら揺れている。総選挙を控えているとはいえ、まるで残された日々のはかなさを示すかのようだ▼今年は沖縄の我々にとって実にたまらない政治状況が続いた。幾多の俊英記者や論客が沖縄についてさまざまな意見を述べたが、現在、当の政治家たちは票を求めてあれこれと人気取りを弄するばかりだ▼しかし確実に見えてきたこともある。沖縄へ...
本文を読む

「米兵の蛮行は許さない」 市議会が抗議決議

 石垣市議会(伊良皆高信議長)は24日の臨時会で、米兵2人による女性暴行致傷事件に対し、「米兵による蛮行は非人道的で、女性の尊厳と人権を蹂躙(じゅうりん)し、県民の平穏な生活を脅かすもので断じて許すことはできない」と抗議する決議案と意見書案を全会一致で可決した。  決議、意見書は「オスプレイを強行配備した日米両政府へ反発が強まる中での犯罪に対し、県民の怒りと不信感は頂点に達している」と指摘。...
本文を読む

9月21日、米軍岩国基地でオスプレイの試験飛行…

 9月21日、米軍岩国基地でオスプレイの試験飛行が始まった。もちろん普天間飛行場への配備のための訓練だ▼5項目にわたる安全確認なるものをし提出されたが、とてもこれで安全が確保されるとは思えない。まず低空飛行訓練の際、安全高度150メートルを順守とあるが、それは例えば東京タワーの半分、スカイツリーの4分の1の高さなのだ。その低さで沖縄上空を縦横に飛行するのだ▼住民密集地域を避けるとあるが、沖縄の米軍...
本文を読む

今度こそ届け、沖縄の声

八重山でもオスプレイ配備撤回で大会
■10万人余が激しい抗議の声  「オスプレイ配備に反対する県民大会」は9日、オスプレイが配備される米軍普天間飛行場の宜野湾市海浜公園で開かれ、過去最大の10万1千人が参加して、オスプレイ配備にノーの姿勢を改めて鮮明にした。この数は米兵の少女暴行事件県民大会の8万5千人を上回る主催者側の予想もしのぐかつてない規模だ。県民の強い意思を日米両政府に突き付けたが、今度こそ沖縄の声は届くのだろうか。  ...
本文を読む

来る9月9日はオスプレイ配備反対県民大会…

 来る9月9日はオスプレイ配備反対県民大会。ぜひ大会を成功させ沖縄の安全を守りたいものだ▼それにしても日本政府のだらしなさ。たった一言も米国に拒否の言葉を言うことができない。事故調査報告も丸のみで、これでは沖縄はたまったものではない▼ところで、なぜ米国は沖縄住民がこんなに不安をつのらせ、嫌がっていることを強行しようとするのだろうか▼軍隊というものは典型的な上意下達の組織である。従って判断もその責任...
本文を読む

憲法連絡協 米軍使用に抗議声明、きょう反対の集会開く

 平和、労組の7団体で組織する平和憲法を守る八重山連絡協議会(仲山忠亨会長)は12日夕、13日に予定されている在日米海軍の石垣空港使用に抗議する声明を発表した。13日午前11時から空港道路沿いで反対の抗議集会を開く予定だ。  同日午前11時45分から午後1時まで固定翼1機、ヘリコプター1機が離着陸する。人員輸送のための乗り換えが目的。県と市が自粛を申し入れ、市議会は12日、中止を求める決議を...
本文を読む

連帯呼びかけ 「八重山大会に結集を」普天間県内移設反対

24日に新栄公園
 米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と県内移設に反対し、国外・県外移設を求める県民大会八重山大会の実行委員会(委員長・仲山忠亨平和憲法を守る八重山連絡協議会会長)は20日午後、石垣市役所記者クラブで会見し、24日午後3時30分から新栄公園で開催する大会への参加を呼びかけた。  同大会は25日に読谷村で開催される県民大会を前に八重山郡民も県民としての意思表示を行うため、県民大会と連帯して開催する...
本文を読む

横断幕盗難事件「うやむやにさせない」 いしがき女性9条の会

米総領事などに謝罪要求
 在日米海軍佐世保基地所属の掃海艦2隻の寄港に反対する横断幕が持ち去られた盗難事件で、横断幕を所有するいしがき女性9条の会(大島忠枝事務局長、会員95人)は13日、記者クラブ室(市役所内)で会見し、「絶対うやむやにさせない」として八重山署に迅速・厳正な捜査を求める一方、ケビン・メア在沖米国総領事と在日米海軍佐世保基地司令官に対し謝罪と真相究明を要求していることを明らかにした。同日までに同署に要請、...
本文を読む

米軍艦長から引き渡し 石垣港寄港時不明の横断幕

八重山署が捜査
 いしがき女性9条の会(大島忠枝事務局長)が米掃海艦2隻に反対するため港湾フェンスに掲げた横断幕が何者かに持ち去られた盗難事件で、横断幕は米海軍犯罪捜査局(NCIS)を通して艦長から八重山署に引き渡されていたことが8日分かった。関係者によると、同署に提出された港内監視カメラの記録には、港内から横断幕を取り外して持ち去る兵員らしい人物2人が記録されている。同署はビデオの解析とともにNCISに協力を依...
本文を読む

地元住民らの強い反対を押し切って…

 地元住民らの強い反対を押し切って、3日石垣港に戦後初めて入港を強行した米軍艦2隻は、小さな島で今は平和に暮らす高齢の人々に60余年前のあの悲惨な戦争の悪夢をまざまざとよみがえらせ、市民の間にも大きな波紋を残して5日石垣を離れた▼それにしても07年の与那国への強行入港といい、日米安保を盾に、沖縄県民に刺激的で不愉快な発言や強権を振りかざすメア在沖米総領事に“キャラウエイ旋風”と呼ばれ、1961年か...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム