八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター」の検索結果は以下のとおりです。

0.23ヘクタールにサンゴ移植 石西礁湖再生事業委

寄与度を環境省が試算
重要海域は選定せず
 第21回石西礁湖自然再生事業支援専門委員会(委員長・土屋誠琉球大学教授)が18日午後、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターで開かれた。その中で、2005~11年度に環境省が黒島東礁池とウラビシ礁湖(黒島北東)の2海域で行ってきたサンゴ群集修復事業の評価として、0.23ヘクタールの面積にサンゴを移植し、高被度域に0.45%、低下域に0.17%の寄与度があったとする試算が示された。  修復事...
本文を読む

石西礁湖サンゴ礁の重要海域見直し 保存区と再生区に選定

今夏、オニヒトデ大発生を懸念
海域案は3月に提示
 第18回石西礁湖自然再生事業支援専門委員会(委員長・土屋誠琉球大学理学部長)が29日午前、市内で開かれ、サンゴ礁生態系の保存や回復に取り組む重要海域の見直しについて議論し、サンゴの幼生を供給する量などを基準とした「サンゴ再生度貢献度」などに基づいて保存区と再生区を選定し直すことを決めた。新たな重要海域の案は今年3月に開く第19回委員会で提示する方針。今夏、オニヒトデが大発生するのではないかとの懸...
本文を読む

10周年の節目に決意新た 国際サンゴ礁研究モニタリングセンター

展示会もスタート
 環境省の国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター=八島町=は開所して10周年を迎え、13日に記念式典を開催した。同日から活動実績を紹介する展示会もスタートさせた。記念講演で琉球大学の土屋誠教授はサンゴ礁の経済的価値を数値で示し、「サンゴ礁保全にいろんな人がかかわってほしい」と呼びかけた。  同センターは、2000年5月12日に開所。サンゴ礁に関する情報の収集・整理・提供、サンゴ礁調査モニタリング...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム