八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「十六日祭」の検索結果は以下のとおりです。

家族みんなで墓掃除

十六日祭を前に墓掃除を行う人たち=21日午前、石垣市石垣十六日祭を前に墓掃除を行う人たち=21日午前、石垣市石垣
十六日祭前に市内各墓地
 旧暦1月16日の「十六日祭(ジュウルクニチィ)」を23日に控え、石垣市内では気持ちよく墓参りしようと、墓掃除をする人の姿が見られた。十六日祭はグショー(後生)の正月といわれ、八重山や宮古では旧盆と並ぶ先祖供養の年中行事。  21日午前、市内の墓地では家族連れが鎌やほうき、ふきんを手に、墓周辺の雑草を刈り取ったり、墓石を磨いていた。  両親と墓掃除に訪れた下里時次郎君(八重山農林高校グリ...
本文を読む

盛大にジュールクニチー

墓前にごちそうを供え、手を合わせる譜久山さん家族ら=6日午後、バンナ南側の飛び地区墓前にごちそうを供え、手を合わせる譜久山さん家族ら=6日午後、バンナ南側の飛び地区
墓地にぎわう
 後生の正月と言われる旧暦1月16日のジュールクニチー(十六日祭)の6日、郡内各地で墓参りする行事が行われた。石垣市内では午前中、小雨がぱらついたが、午後から雨も上がり、大勢の家族連れが墓を訪れた。墓前で料理を囲んで談笑するなど、いつもはひっそりとしている墓地はにぎわいをみせた。  三枚肉や昆布、天ぷら、かまぼこ、こんにゃくなどの入った重箱、もち、果物などを並べ、先祖の霊を慰め、親族の健康を...
本文を読む

各地でジュウルクニチー 好天、墓前に大勢の人出

 旧暦1月16日の25日、「後生の正月」とも呼ばれる「十六日祭(ジュウルクニチー)」が郡内各地で行われ、家族や親類が墓前に料理や酒、菓子などを供えて先祖を供養する姿が見られた。  十六日祭は、八重山や宮古などで毎年盛大に行われる祖先供養の行事で、旧盆と並ぶ年中行事。  この日は朝から天候に恵まれ、多くの人が墓前にござやブルーシートを広げて集まり、手を合わせ供養していた。  石垣市登野城の...
本文を読む

雨のジュウルクニチー 料理供え先祖供養

 旧暦1月16日の「十六日祭(ジュールクニチー)」の7日、郡内各地で家族や親類が集まり、墓前に料理やお酒、菓子などを供え、先祖を供養する姿が見られた。  十六日祭は八重山や宮古などで毎年盛大に行われており、旧盆と並ぶ年中行事。  この日は朝から雨模様のあいにくの天気で、ブルーシートやテント、パラソルなどを広げて、雨対策をする所が多かった。  このうち、城辺郷友会墓地の野原家の墓では、...
本文を読む

郡内各地で墓掃除 旧十六日祭を前に

 「後生(ぐしょう)の正月」とされる十六日祭(3月1日)を前に、市内各地の墓地で、掃除を行う市民の姿が目立つ。  先島地区の伝統行事で、この日に合わせて本島や本土から里帰りする出身者も多く、先祖の墓に集い、霊を供養しながら親族が近況を報告する。  26日は天気に恵まれかまやほうきを手に、墓掃除に汗を流す人々がみられた。  新川で作業を行っていた70代の男性は、「親せきたちの顔が見られるので楽...
本文を読む

このところ暖かい日が続いて、カンヒザクラ…

 このところ暖かい日が続いて、カンヒザクラも咲きほころぶ季節になった。そして一昨日はうっすらとかすみがかかる中、各地の墓地は旧暦の正月十六日祭(ジュールクニチィ)でにぎわった▼元日は生者の正月。これに対して十六日祭は、後生(グショウ)の正月(ショングァジィ)とも先祖(ウヤピトゥ)の正月とも呼ばれる▼ことしは天気にも恵まれ、多くの家族が墓参りして重箱料理やお酒・花を供えた。現世が不況の折、後生の先祖...
本文を読む

家族、親せきが近況報告 郡内各地で「十六日祭」

 後生の正月に当たる旧暦1月16日の10日は、郡内各地で「十六日祭(ジュウルクニチー)」が行われた。  この日は、昼から晴れ間も広がり、各墓では家族や親せきが集まり、墓前にお酒やモチ、菓子、ごちそうなどを供え、祖先を供養した。  また、学校も午後から休みとなり、各墓では墓前で家族や親せきそろってオードブルなどを囲み、団らんする姿が見られた。
本文を読む

市熱帯花き産地協が初めて十六日祭用の花を販売

 石垣市熱帯花き産地協議会は9日、「十六日祭に石垣産の熱帯花きを供えてほしい」と八島町のかけはし青空市でヘリコニアやジンジャーなどの花きを販売した。  協議会の農家は18戸。このうち7戸が生産した花きを持ち寄って販売した。初めての試みだったが好評で、事務局の真栄城悦子氏(八重山農政・農業改良普及センター普及企画班長)は「予想していたより好評で農家も驚いている」と手応えを感じた様子だった。 ...
本文を読む

十六日祭にぎわう 雨で自宅で供養する人も

 旧暦1月16日の22日、各地の墓では、供え物をして祖先を供養する「十六日祭」(ジュルクニチー)が行われた。墓前には、集まった親類縁者たちが「後生(グソー)の正月」と言われる伝統行事を行った。  この日は朝から雨模様となったため、テントをかけるなど雨対策をする光景がみられたが、午後からは天候が回復したため、墓前で供養をしたり、墓参りをする親せきや知人と歓談する人たちの姿がみられた。  この...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム