八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「八島小学校」の検索結果は以下のとおりです。

大きな夢胸に巣立ち 22校で455人卒業

卒業証書とエークが授与された八島小学校の卒業式=23日午前、八島小体育館卒業証書とエークが授与された八島小学校の卒業式=23日午前、八島小体育館
郡内小学校
 郡内小学校の卒業シーズンがピークを迎えた23日、八重山特別支援学校を含む22校で合わせて455人が母校を巣立った。このうち、八島小学校(吉濱剛校長)では、吉濱校長が卒業生47人に卒業証書を手渡し、「努力に勝る天才なし。決して諦めないという強い気持ちで中学で活躍してほしい」とあいさつ。同校の伝統行事「ハーリー体験」にちなみ、サバニのエーク(かい)も贈った。仲山久紀市教育委員長と大道夏代PTA会長...
本文を読む

魚さばきに児童たち奮闘

魚のさばき方などを学んだ八島小の6年生=17日午後、登野城漁港魚のさばき方などを学んだ八島小の6年生=17日午後、登野城漁港
漁師の仕事を学ぶ 八島小6年
 八島小学校(吉濱剛校長)の6年生45人が17日午後、登野城漁港で魚のさばき方を体験学習した。体験の後には、さばいた魚の刺し身、すし、から揚げなどを試食し、海の幸を満喫した。総合的な学習の一環。漁師の仕事を見学・体験することで石垣島の漁業に関心を持たせることなどを目的に、八重山漁協の東一組と東二組の協力で16年前から毎年実施している。  児童らは漁師が準備したマグロやイラブチャー(アオブダイ...
本文を読む

児童ら迅速に行動

ライフジャケットを着用する児童ら=24日午前、同校ライフジャケットを着用する児童ら=24日午前、同校
八島小は真栄里公園に避難
 八島小学校(吉濱剛校長、児童283人)とあまかわ幼稚園(同園長、園児44人)では午前11時から訓練を開始。  「地震が発生しました」の放送に児童たちは、机の下に潜り込み揺れが収まるのを待ってから、ライフジャケットを着用。上履きのまま教室を飛び出した。  同校の緊急避難場所は真栄里公園となっており、到着まで6分16秒。6年生は同公園北側の津波避難ビル「コンフォート真栄里」に設定。屋上まで...
本文を読む

八島っ子ら稲刈り体験 石垣市平得の水田

たわわに実った稲を次々に収穫する八島小の児童ら=4日午前、石垣市平得地底たわわに実った稲を次々に収穫する八島小の児童ら=4日午前、石垣市平得地底
農家の苦労、肌で知る
 「刈るときに『サクッ』と音がして楽しかった」「クセになりそう」-。八島小学校(吉濱剛校長、児童271人)の6年生38人が4日午前、自然学習の一環で石垣市平得地底の水田で稲刈り体験をした。JAファーマーズマーケットやえやまゆらてぃく市場(幸喜英信店長)が主催した。収穫した水田25㌃は同校PTAの大道正信さん(46)が提供。2月6日に植えたひとめぼれが収穫の日を迎えた。  児童らはJA職員から...
本文を読む

安全な地域づくりで八島小を表彰

安全な地域づくりに貢献した活動で表彰された八島小学校の吉濵剛校長=16日、浦添市てだこホール安全な地域づくりに貢献した活動で表彰された八島小学校の吉濵剛校長=16日、浦添市てだこホール
ちゅらさん運動10周年記念式典
万引防止PRで「きいやま商店」
 【那覇】ちゅらうちなー安全なまちづくり推進会議(会長・仲井真弘多知事)は16日、「ちゅらさん運動10周年記念式典」を浦添市で開き、安全な地域づくりに貢献した石垣市の八島小学校(吉剛校長)と「きいやま商店」を表彰した。  「ちゅらさん運動」は、2004年度の「ちゅらうちなー安全なまちづくり条例」の施行を機に、犯罪のない社会の実現を目指して県主導で始まった。  県内では現在、700を超え...
本文を読む

理科の苦手意識なくせ 八島小でNEC

NECの「ティーチャーズ・サイエンス・ラボ」で、講師の松延康さん(左)の話に聴き入る教師ら=23日午後、八島小NECの「ティーチャーズ・サイエンス・ラボ」で、講師の松延康さん(左)の話に聴き入る教師ら=23日午後、八島小
教師ら対象に科学実験
 石垣市内の小学校教師に理科への苦手意識を解消してもらおうとNECが23日午後、八島小学校で「ティーチャーズ・サイエンス・ラボ」を開いた。教師ら約30人が参加した。  同ラボは社会貢献事業の一環として2011年にスタート。全国各地で活動を展開している。  この日は、理科教育研究フォーラムの松延康代表が講師を務め、実験器具の管理のポイントや、実験アイデアなど紹介した。  松延代表は蒸気...
本文を読む

八島小にライフジャケット 津波対策で市が配布

 海岸線から30メートルの距離にあり、津波からの避難が課題となっている八島小学校とあまかわ幼稚園(国吉長秀校長、児童283人、園児62人)に25日、ライフジャケットが石垣市教育委員会から届いた。職員用を含め387着。市は今後、海岸線に近い学校を優先してジャケットを確保していく方針だ。  同校の避難先は第1次避難所が真栄里公園、第2が平真小学校。真栄里公園までは5、6分で行けるが、平真小までは...
本文を読む

マイサンゴに歓声 児童ら海と触れ合う

 サンゴウイークに合わせて、八島小学校(大濵民江校長)の5年生は8日午後、真栄里海岸でコーラルウオッチを開催した。  これは石西礁湖自然再生協議会コーラルウオッチ実行委員会の主催によるもので、「コーラルウオッチ第2弾・海に触れて考えてみよう」をテーマに行われ、5年生児童47人が参加した。  体験学習を前に、同校視聴覚室で県指導漁業士の池田元さんが「海の生き物と私たちの関わり」について講話し...
本文を読む

テンサイ調理で授業 砂糖原料の答え引き出す

 八島小学校(大濵民江校長)はこのほど、同校家庭科室で5年生児童23人を対象にした琉球大学教育学部との共同研究「社会科実験授業」を行った。  授業は同校の平地竜樹教諭と山口剛史琉大教育学部准教授が、「あたたかい地域とさむい地域の農業」をテーマに北海道のテンサイを使って指導した。  子どもたちにはテンサイが砂糖の原料となることを伝えず、千切りにして煮込み、甘みが出ることを確認させると、子ども...
本文を読む

八島小、多田浜のサンゴを観察

5年生が島の自然学ぶ
 共通の方法で世界的に行われているサンゴ観察手法の1つ、「コーラルウオッチ」によって身近なサンゴを観察する学習が8日午後、多田浜で行われ、八島小学校の5年生約50人が参加した。  石西礁湖自然再生協議会のコーラルウオッチプロジェクト実行委員会(大堀健司委員長)が学校側に働きかけて実施。同委は今後、竹富町内の離島などほかの地域での実施にも取り組む考え。  学校側は石垣島の自然を学ぶ「総合的な...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム