八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「乱獲防止」の検索結果は以下のとおりです。

ヤシガニ800個体確認 竹富町、保護条例向け調査

個体数が減少している絶滅危惧種のヤシガニ。町が保護条例制定に向けた取り組みを進めている個体数が減少している絶滅危惧種のヤシガニ。町が保護条例制定に向けた取り組みを進めている
 ヤシガニの乱獲防止などを目的にした保護条例の制定を目指している竹富町が8月末から10月末までヤシガニの生息実態調査を実施したところ、有人8島全体で推定約800個体の生息が確認された。町独自で生息数を調べるのは初めて。今後、個体の大きさや雌雄の分類などを調べ、来年2月末までに報告書をまとめる。町はこれを踏まえ、各島々で説明会を開催し、住民の意見を参考にしながら条例素案の作成に着手する方針だ。 ...
本文を読む

監視員の設置必要 米原海岸乱獲防止策

富野小中学校の児童生徒に米原海岸での乱獲について現状を説明する若松上席自然保護官(右)=5日午後、米原海岸富野小中学校の児童生徒に米原海岸での乱獲について現状を説明する若松上席自然保護官(右)=5日午後、米原海岸
若松上席自然保護官
 環境省石垣自然保護官事務所の若松徹上席自然保護官は5日午後、米原海岸の清掃活動に参加していた富野小中学校の児童生徒や保護者に対して臨時の説明会を開き、「米原海岸に住む生き物の乱獲が問題視されている。このままでは米原の海に生き物がいなくなる。採取ではなく観察し、みんなで海を守ってほしい」と呼びかけた。  乱獲防止策について若松氏は「監視員の設置や地元住民による捕獲禁止の周知徹底が必要だが、個...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム