八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「黒島」の検索結果は以下のとおりです。

送水管の更新着手 竹富町、29年度までに全区実施

サルベージ船から流していく送水管。陸揚げのためチューブを取り付けて浮かせている=5日午前(竹富町水道課提供)サルベージ船から流していく送水管。陸揚げのためチューブを取り付けて浮かせている=5日午前(竹富町水道課提供)
 西表島東部—新城島—黒島間に海底送水管を敷設する竹富町の第1区海底送水管更新事業が5日から始まっている。来年2月までに西表—新城を終え、3月から通水を開始する予定だ。来年度に新城—黒島で実施する。町は2029年度までに▽西表東部—小浜▽石垣—竹富▽西表上原—鳩間でも順次、送水管を更新する。総事業費は約46億円を見込む。  町内では1974年から75年にかけ、各島をつなぐ送水管が整備された。...
本文を読む

獣医師常駐で子牛の死減少 牛の病院 黒島に貢献

30685.png
夜の分娩モー安心
 【黒島】昨年9月から竹富町黒島に獣医師が常駐して以降、死んだ子牛の数が減少傾向に転じたことが牛の病院(船倉栄(ひさし)病院長)=石垣市宮良=のまとめで分かった。継続的な治療、定期的な検診が可能になったほか、農家の飼養管理の改善にもつながったことが要因とみられる。  同病院は昨年9月に同島に分院を開設。船倉病院長とスタッフ2人がローテーションでキャンピングカーに寝泊まり、月に25日程度の診療...
本文を読む

黒島牛40頭を審査 黒島畜産共進会

若雌、成雌など5部門に40頭が出場して開かれた第11回黒島畜産共進会=1日、黒島家畜セリ市場若雌、成雌など5部門に40頭が出場して開かれた第11回黒島畜産共進会=1日、黒島家畜セリ市場
5部門の入賞決定
 【黒島】黒島肉用牛生産組合(島仲謙次組合長)は1日、黒島家畜セリ市場で第11回黒島畜産共進会を開いた。成雌1、2類、若雌1、2類、雌子牛の5部門で発育や栄養度などを審査し、各部門の入賞牛を決めた。入賞牛の中から八重山郡共進会への出場牛が選ばれる予定。審査には5部門に40頭がエントリーした。  審査に当たった家畜改良協会の知念克哉さんは「全体としては発育の良い牛が多く見られた。栄養度は若干高...
本文を読む

黒島での一日を満喫 竹富小中健全育成部

30242.jpg
夏の親子体験学習
 【竹富】竹富小中学校健全育成部(藤井幸吉部長)は4日、夏の親子体験学習で黒島を訪れ、黒島子ども育成会(下地太会長)と交流会を開いた。  竹富の小中学生と保護者ら55人が参加。黒島港で学校関係者の出迎えを受け、下地会長の案内で伊古桟橋や展望台、仲本海岸を巡り、竹富島とは違う自然を満喫した。  黒島小中校では玉代勢元稀くん(中2)が「黒島へようこそ」と歓迎。昼食は黒島の保護者らが揚げた「ア...
本文を読む

集落の無病息災を願う ミーラク行列や多彩な芸能奉納

黒島公民館の豊年祭。豊穣への願い「ユー」が詰まった船を陸上に引き揚げる「ユー揚げ」=24日午後、宮里海岸黒島公民館の豊年祭。豊穣への願い「ユー」が詰まった船を陸上に引き揚げる「ユー揚げ」=24日午後、宮里海岸
黒島の豊年祭
 【黒島】ことしの豊作に感謝し、来年世(ヤイネユー)の五穀豊穣(ほうじょう)や各集落の無病息災を願う黒島公民館(玉代勢肇館長)の豊年祭が24日、宮里海岸で行われた。午前と午後に集落対抗で行うパーレー(爬龍船)競漕(きょうそう)は宮里村と東筋村がそれぞれ勝利した。「ミーラク」(ミルク)行列や多彩な芸能が次々と奉納され、最後は豊穣への願い「ユー」が詰まった船を陸上に引き揚げる「ユー揚げ」を行い、会場...
本文を読む

黒島で発見情報相次ぐ 日本最大のキシノウエトカゲ 

宮澤勇気君が見つけたキシノウエトカゲ=5日、黒島研究所宮澤勇気君が見つけたキシノウエトカゲ=5日、黒島研究所
国の天然記念物 絶滅危惧種で活動が最盛期
 【黒島】4月に入ってから、黒島研究所(若月元樹所長)には国の天然記念物、キシノウエトカゲを見かけたとの情報が相次いで寄せられている。キシノウエトカゲは環境省のレッドリストで「絶滅の危険が増大している」とされる絶滅危惧Ⅱ類に分類されている。5日には島内で捕獲して同研究所に持ち込んだ黒島中学校3年生の宮澤勇気君が、友人たちとともに自動車などがあまり通らない場所で逃がした。  島民らは珍しい生き...
本文を読む

島は二重の喜びに沸く 黒島に吉山医師家族が着任

黒島に降り立った吉山医師一家と、歓迎に駆け付けた黒島校の児童生徒ら=18日午後、黒島港。黒島に降り立った吉山医師一家と、歓迎に駆け付けた黒島校の児童生徒ら=18日午後、黒島港。
常駐医の不在解消
 【黒島】竹富町立黒島診療所で勤務する吉山直政医師(32)とその家族が18日午後、黒島入りし、地域住民や黒島小中学校の児童生徒らが港で盛大に出迎えた。黒島では昨年4月から常駐医が不在の状態が続き、週に1~2回、石垣市から城所望医師が通って診察をしていたが、吉山医師の着任で、常駐医不在状態が解消される。4月からの診療開始が予定されている。  吉山医師の来島日程が決まると黒島公民館(玉代勢肇館長...
本文を読む

28日に黒島牛まつり

28日に黒島で開かれる第24回黒島牛まつりをPRする実行委員会の役員ら=16日午後、八重山毎日新聞社28日に黒島で開かれる第24回黒島牛まつりをPRする実行委員会の役員ら=16日午後、八重山毎日新聞社
実行委が楽しい企画PR
 第24回黒島牛まつり(同実行委員会主催)が28日午前10時から黒島多目的広場で開かれる。まつりに先立ち実行委員6人が16日午後、八重山毎日新聞社を訪れ、宮良りみ実行委員長は「今年もたくさん企画しているので、楽しんでほしい」と恒例のまつりをPRした。  同まつりでは、牛1頭が当たる恒例の「夢の牛1頭お楽しみ大抽選会」のほか、牧草ロール転がしや牧草タワー、ジャンプDEラブロール、子牛のミルクあ...
本文を読む

保里さん かくしゃくカジマヤー

特設のゲートボールコースでボールを打つ保里芳さん=13日午前、黒島宮里集落特設のゲートボールコースでボールを打つ保里芳さん=13日午前、黒島宮里集落
黒島、12年ぶりパレードで祝福
GBも現役プレーヤー
 【黒島】数え97歳のカジマヤーを迎えた保里芳さん(96)の長寿を祝うパレードが13日午前、島内で行われ、宮里集落では、芳さんが公認審判の資格を取るほど好きなゲートボールにちなんで、特設コースを設置。芳さんが打ったボールがゲートを通過するとクス球が割れ、風船やハトが飛び出した。  黒島でカジマヤーのパレードを行うのは12年ぶり。  芳さんは1919年生まれ。竹富島出身。旧姓赤山。夫の故・...
本文を読む

「優良雌子牛の地元保留を」 黒島

3月のセリに上場する雌子牛を審査する全国和牛登録協会などの関係者=3日午後、黒島家畜セリ市場3月のセリに上場する雌子牛を審査する全国和牛登録協会などの関係者=3日午後、黒島家畜セリ市場
母牛改良へ県内初の試み セリ価格向上へ農家も発奮
 【黒島】今月のセリに上場を予定している雌子牛を対象とした「体型調査検討会」(全国和牛登録協会、沖縄県和牛改良協会主催)が3日午後、黒島家畜セリ市場で行われた。優良繁殖素牛(雌子牛)を地元に残し、母牛改良を促進する県内初の試み。両協会の職員らが16頭の雌子牛の発育や栄養度などをチェックした。  上位3頭は優等のタスキをかけてセリに上場。地元保留に向け、地元関係者による落札を目指す。地元では同...
本文を読む
キーワード検索フォーム