八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「中国」の検索結果は以下のとおりです。

「悪い前例つくった」中国人船長釈放で中山市長が懸念表明

国に警備体制強化求める
議会と要請行動へ
 尖閣諸島沖で中国漁船が石垣海上保安部の巡視船と衝突した事件で、中国人船長が拘留期限前に処分保留のまま釈放されたことについて中山義隆市長は25日、市役所で会見した。処分保留のまま釈放すべきではなかったとの認識を示したうえで「今後同じような事例が何度も起きる可能性がある」と懸念を表明、国に対して毅然(きぜん)とした対応と警備体制の強化を強く求めた。今後、市議会などと歩調を合わせ国に要請する考え。 ...
本文を読む

漁船船長釈放で厳戒態勢 寝静まった街にチャーター機

 尖閣諸島沖で海上保安庁と中国漁船が衝突した事件で25日、釈放された漁船船長の取材のため船長が拘置されていた八重山署と石垣空港には、大勢の報道陣が未明まで待機、厳戒態勢で緊張感が漂った。  那覇地検の突然の漁船船長釈放発表に、24日午後2時過ぎから全国のテレビ局、新聞社の記者らが八重山署に詰めかけ、同署も多くの署員が待機、警戒にあたった。  その物々しさに道行く市民も足を止め、様子を見守っ...
本文を読む

尖閣沖衝突中国漁船を実況見分 11管乗組員の事情聴取も

中国大使館の関係者、乗組員らと面会
 尖閣諸島・久場島沖の海上で違法操業の中国トロール漁船が石垣海上保安部の巡視船2隻と衝突し、公務執行妨害容疑で中国人船長が那覇地検石垣支部に送検された9日、第11管海上保安本部は、同船の実況見分と乗組員から事情聴取を行った。  同日午前は、小型ボートに乗った海上保安官が巡視船「よなくに」の左舷に付けられた中国トロール漁船の船首を測定するなど、実況見分を実施した。  乗組員たちの事情聴取があ...
本文を読む

中国人誘致に立地生かせ! 台湾の江丙坤氏が提言

輸出の取り組みも促す
 台湾政府の対中国窓口機関である海峡交流基金会の薫事長(理事長)、江丙坤氏(77)が5月31日夜、石垣市内のホテルで講演し、「(台湾を訪れる中国人観光客が)八重山や沖縄に来られないか考えていいと思う」と、中国人観光客の誘致に向けて取り組むよう提言した。  台湾を訪れる中国人観光客は台湾での観光後、そのまま中国へ戻るよう決められているが、八重山や沖縄向けにこの規制を緩和できれば、台湾に近い八重...
本文を読む

中国人観光客 石垣送客の可能性探る 上海の旅行社

来年5月メドに年間2000人が目標
条件整えば旧正月にも
 上海など中国大陸から石垣や沖縄本島へ送客する可能性を探るため、上海の上海春秋国際旅行社の姜偉浩(ジアン・ウェイハオ)副社長やクラブメッドで新規事業の開拓を担当する上海支社の王華(ワン・フア)氏ら合わせて5人が17日から石垣入りしている。姜副社長は石垣への送客を開始するめどを「来年5月」と説明するとともに、条件が整えば、来年2月14日の旧正月前後の送客も視野に入れている。  中国人観光客の訪...
本文を読む

クリアランス船3割減に 中台間の直行解禁で

「もっと減っても良い」八重山漁協は歓迎
 昨年12月15日に中台間で船舶の直行が解禁されたのを受け、石垣港に寄港するクリアランス船が同月から減少し始めており、沖縄地区税関石垣税関支署によると、同月以降、前年より3割程度少ない水準で推移している。欧米や中台以外のアジア各国の船舶は第3国を経由した航行を続けており、直行解禁がそのままクリアランス船の全廃にはつながることはないとみられているが、年間5000隻台の入港隻数が減少する可能性が出てき...
本文を読む

中国の高校生29人と交流 八商工で中国語授業も

 (社)日中友好協会の中国高校生訪日団のメンバー(29人)が14日、八重山商工高校を訪れ、同校商業科観光コースの生徒(58人)と中国語の授業を通して親ぼくを深めた。  訪問団は2007年の日中首脳会談で合意された「2008日中青少年友好交流年活動」の一環で、次世代を担う日中の高校生が互いに交流し、両国の相互理解と友好的感情を増進させるのが目的。  八商工を訪れたのは中国福建省の高校生らで、...
本文を読む

「中国の狙いは台湾」軍事専門家平松茂雄氏

尖閣への影響を警戒
 「国境の島石垣の未来を考える」をテーマにした時局講演会(主催・心の総合誌ザ・リバティを学ぶ会)が、24日午後7時から石垣市民会館中ホールで開かれ、中国軍事専門家の平松茂雄氏が講演した。  平松氏は、中国側が海洋資源調査から尖閣諸島の領有権を主張した経緯や、東シナ海で70年代から海洋調査を行い200カイリの中間線付近で70年代から石油のボーリングを行っている実態を紹介。「日本政府はこのことに...
本文を読む

参加204カ国、史上最大規模で行われた…

 参加204カ国、史上最大規模で行われた北京五輪が閉幕した。中国が総力をあげた国家事業だ。国際社会に国力をアピールする舞台だったが、五輪特需景気も終えんを迎えることになり、経済成長をどう保ってゆくか、注目されるところだ▼五輪で興味深かったのは、開会式や野球など各種競技で台湾チームにひときわ大きな声援が送られたことだ。台湾の新総統が誕生して以来、中台関係の改善が目だっている▼国境の八重山は、これまで...
本文を読む

ページ移動

キーワード検索フォーム