八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

シロアゴガエル空港周辺の生息分布確認 環境省

繁殖場所の除去作業に着手
 石垣空港周辺で定着が確認されている特定外来生物の1つ、シロアゴガエルの生息地が同空港周辺を中心に東西約8キロ、南北約3キロにわたって点在していることが分かった。環境省那覇自然観察事務所では、繁殖に使われている沈砂池を干上がらせることによってシロアゴガエルを除去する方法に着手し、空港北側の沈砂池1カ所で作業を終えた。  同事務所では、シロアゴガエルの繁殖期にあたる今月末まで、ほかの繁殖場所でも除去を進める。除去が難しい場合にはプールなどで使っている塩素剤の投入も検討していく。塩素剤の投入は専門家の意見を踏まえて行い、飲料水やプールの消毒に使用しているものを使用していく。実際に塩素剤を投入する場合には、公表することにしている。  シロアゴガエルは今年7月末に石垣空港周辺で定着が確認されたあと、8月上旬の調査で、南北約1600メートル、東西約500メートルの範囲に分布する同空港周辺の7地点で繁殖が分かった。その後、調査地点を同空港から東西南北に広げていったところ、調査地点100カ所のうち、38カ所で夜間に鳴き声が聞こえ、生息を確認した。  すでに除去作業を終えたのは、同空港北側にある20メートル四方の沈砂池。作業では、オタマジャクシ約1000匹を除去するとともに、内部をポンプで排水して干上がらせる方法で行った。シロアゴガエル以外の生物は9月16日に近くの水場に移動した。  同事務所は今後もシロアゴガエルに関する情報提供を求めている。石垣自然保護官事務所(82-4768)。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム