八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県道黒島港線が完成 歩道も新設旧道より2倍に 遠見台を配したロードパークも

八重山支庁、景観に配慮
【黒島】「日本の道百選」にも選定されている県道黒島港線を拡幅し、町の史跡「プズマリ(火番盛)」をイメージした遠見台などを配したロードパークを整備する特殊改良事業と新設改良事業がこのほど完成した。総事業費は合わせて9億8400万円。 同県道は黒島港のある保里地区から黒島小中学校を経由して東筋地区に至る延長2320メートル。特殊改良事業では、幅員5メートルの旧道幅員を11メートルに広げた。旧道になかった歩道も設けた。 ロードパークなどの整備は県が単独事業の道路新設改良事業で実施した。黒島が観光地としても人気が高いことから、八重山支庁では「景観にも配慮した」としている。芝広場と駐車場、駐輪場、遠見台、遊歩道などからなる。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム