八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

横断歩道の渡り方など学ぶ 波照間で交通安全教室

【波照間】はてるま幼稚園と波照間小学校(上里直助園長・校長)、波照間中学校(國吉長秀校長)で20日、交通安全教室が行われた。 午前中は幼稚園と小学校が合同で行い、八重山警察署波照間駐在所の伊藤竜之巡査部長の指導で自転車の安全な乗り方や交通マナーなどを学んだ。 また、島内に信号機がないため、信号に不慣れな園児と低学年児童が信号機の模型と学校前の横断歩道を使って信号の見方や横断歩道の渡り方などを学習した。 午後は、中学校の交通安全指導教室が行われ、生徒たちが自転車の安全点検やブレーキの利き具合などの確認を行った。 その後、自転車と自動車の交通事故のビデオを見ながら、事故の悲惨さや交通安全の大切さを理解した。 伊藤巡査部長は「きょう学習したことをしっかり守って事故がないようにしましょう」と呼びかけた。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム