八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

バリアフリーバスを導入 東バス

高齢者の乗降も楽々
 東運輸(株)(前津文一代表)で29日午後、バリアフリーバスの試乗会が行われた。  同社は2000年に施行された高齢者や身体障がい者のための「交通バリアフリー法」に基づき、03年には県内では初めての床が低いワンステップバス2台を導入。現在、白保線で運行され、高齢者から好評を得ている。  今回、導入したバスは、高齢者や子どもが乗り降りしやすいように従来のバスより乗降口の高さが5.5センチ低くしたのをはじめ、車の停止や発進に合わせ、エンジンが自動停止、自動再スタートするアイドリングストップを備えているほか、燃費も少なく、環境に優しいバスとなっている。  また、聴覚障がい者のための筆談ボードや、次の停留所を示す電光掲示案内、車イス乗降用スロープが搭載され、車イスに乗った状態で乗車できる。  ワンステップバスは東回り1周線の路線で6月から運行される。  前津社長は「高齢者や障がいのある方々にも安心してバスを利用してもらえるよう、今後も順次導入し、サービス向上に努めていきたい」と話した。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム