八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市にFM放送局7月から開局へ

地域密着型目指す
 地域参加・密着型のFMラジオ放送局を目指す(有)石垣コミュニティーエフエム(東太田政三代表)=石垣市大川=に23日、沖縄総合通信事務所からコミュニティー放送の予備免許が交付された。  6月からの試験放送を経て、同月下旬から7月上旬をめどに本免許を受け、開局を目指す。  コミュニティー放送局は郡内初。県内8局目。  局の愛称は「FMいしがきサンサンラジオ」。周波数76.1MHz、出力20ワット。放送エリアは、島内は市街地を中心に西側は川平、東側は大里、竹富町の竹富、黒島、小浜、西表島大原方面が見込まれている。  放送は24時間。5人程度のスタッフと市民ボランティアで運営する。  放送は、市内大川の丸ビル2階(A&Wの上)のスタジオを拠点に台風などの災害情報や音楽・スポーツ行事などの娯楽、商店などの商業案内、各種イベントや祭り、天気予報など観光や生活、行政情報などをきめ細かく放送する。  また、ラジオカーを使い街中や離島からの中継、本島を含め全国のコミュニティー放送局との生の情報交換、FMおきなわの番組なども放送する予定。  東太田代表は「地域参加型、地域に密着した親しみのある明るい放送局にしたい」と意欲を見せた。  また、企画に当たる前津さをりさんも「サンサンラジオの名の通り太陽のようにパワーと明るいラジオ局にしたい」と話した。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム