八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

あやぱにモールみんさー柄に張り替え 完成の23日記念イベント

下水道工事機にデザイン一新
石垣市内の中央通りと銀座通り(通称・あやぱにモール)にあい色の「みんさー」柄のタイルが敷かれ、商店街を訪れる観光客や道行く人に好評を得ている。白色の通りにあい色のみんさー柄が浮かび上がるようにデザインされた通りは、下水道の配管を取り換える際に両通りのタイルの張り替えが必要となるため、市下水道課が整備したもの。観光客や商店街の人々からも好評で、商店街では市商店街振興組合とわくわくスタンプ会が合同で記念イベントを開催する予定。 通りのデザインの変更は、下水道課が2004年度公共下水道管渠敷設事業の一環として整備したもの。総事業費5700万円(国60%補助)。 市下水道課では「将来的にあやぱにモールをどうするのか、商店街からの意見や要望を取り入れて、タイルを張り替えた」という。 通りのみんさー柄はほぼ出来上がっているが、商店の店頭と通りとの境目など細部の工事が未完成で、今月23日までには完成する見込み。また、この工事のために10日から13日まで市公設市場は休業する。 新しいタイルは観光客や商店の店員らにも好評。那覇市から訪れた20代のカップルは「普段は足元の絵柄を気にして見ていなかったが、この通り(中央通り)のタイルはきれいですね」。「いつの世までも、という『みんさー』の意味を聞いてとても良い柄だと思う」と感想を話していた。 市中央商店街振興組合の仲本勉理事長は「中央通りはもともと白色のタイルだったが、銀座通りは赤茶色で、少し暗い色だった。『工事で大変ですね』とお客からは声をかけられるが、タイルの張り替えで通りが明るくなって非常に助かっている」と喜び、23日にはわくわくスタンプ会と合同でエイサーや買い物ラリーなどの記念イベントを企画している。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム