八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山市誕生か、物別れか あす「市町合併案」議会採決 石垣市・竹富町

石垣市と竹富町の両議会は25日、それぞれ開会中の3月定例会の最終本会議で両市町の合併に関する議案の採決を行う。両議会がそろって可決すれば、10月1日付で「八重山市」が誕生する。どちらか一方が否決すれば、現行の合併特例法での合併は行われない見通し。 両市町は18日に調印した合併協定書のなかに、48の合併協定項目を盛り込んでいる。合併反対の町議が多数を占める竹富町議会が協定の中身や、これまでの合併論議に対してどのような評価を示すかが、合併問題の行方を左右することになる。 合併協定項目について論議してきた石垣市・竹富町合併協議会は12日の第2回会議で、新市の名称を「八重山市」と決めている。 新市議会には在任特例を適用する。新市議会は現在の市議会議員と竹富町議会合わせて38人で発足したあと、両市町議員が2006年9月に任期切れとなるのに合わせて、26人の定数で選挙を行う。議員報酬は、新市で協議する。 新市では、現在の竹富町の地域に住む住民の意向を施策に反映させるため、地域審議会を設けることになっており、同審議会の設置に関する議案も25日に採決が行われる。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム