八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

感染予防対策の徹底を

中山市長 夏休み前に再度呼び掛け

 夏休みを前に全国的に新型コロナウイルス感染が拡大している状況を受け、中山義隆石垣市長は29日夕、市役所で会見し、来島予定の観光客らに体調不良の場合には来島を控えるなど感染防止対策の徹底を改めて呼び掛けた。

 来島自粛、島外渡航自粛については「現段階では考えていない。感染経路不明など市中感染が出た場合には自粛も想定して対応したい」と述べる一方、数字の基準については「設けていない」とした。

 市は▽新石垣空港で37・5度以上の発熱が確認された場合には必ず八重山病院でPCR検査や抗原検査を受ける▽島内ではマスクを常時携帯・着用する▽感染予防策をしっかり行っていない施設の利用を控える▽島内で体調不良となった場合には自己隔離を行い、速やかに医療機関を受診する▽厚生労働省開発の新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をインストールするーよう強く求めている。

 屋外でのマスクについては「着用していない場合、店舗での入店やバス・タクシーの乗車を断ることもある」とし、「他者と2㍍以上の距離がとれる場合は例外的に外しても構わない」とした。

  • タグ: 感染予防
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム