八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

西表製糖 工場宿舎の建設着工 国の働き方改革対応へ

季節工宿舎の完成イメージ。大和リース㈱作成

季節工宿舎の完成イメージ。大和リース㈱作成

西表製糖工場宿舎等整備事業の起工式でくわ入れを行う関係者ら=28日午後、西表南風見

工期は来年2月28日

 【西表島】竹富町は28日午後、西表南風見で西表製糖工場宿舎等整備事業の起工式を行い、西表製糖㈱の季節工宿舎の工事が着工した。同事業は季節労働者等の宿泊施設整備の支援を行うことで、製糖業の効率化、持続的な操業体制確立などが目的。国が進める働き方改革に対応するため、工場労働者の3交代制なども実現させる。工期は来年2月28日まで。

 同事業は内閣府の沖縄製糖業体制強化対策事業を活用。造成工事などを除く建設工事費の8割を国が補助する。総事業費は7億6626万円で19年度の繰越事業。完成後、西表製糖が指定管理者となる予定。

 同施設は西表製糖の北東側の町有地に建設。鉄骨造平屋建てで敷地面積は2650平方㍍、延べ床面積1116平方㍍。部屋は60室あり、1室9平方㍍の1人部屋。男性用54室、女性用は6室ある。施設内は他に食堂、シャワー室、トイレが整備される。駐車場は9台分設けられる。

 竹富町産業振興課によると、働き方改革に伴い勤務の3交代制などが必要となり、季節工の人数が従来の1.5倍必要になった。西表製糖は約40人体制のため、季節工の部屋数が60室と試算されている。

 設計・施工は大和リース㈱沖縄支店が担う。同工場は例年、12~3月を製糖期間に設定。宿泊施設の工期が来年2月末のため期間内には間に合わない。

 起工式で西大舛髙旬町長は「サトウキビは本町において重要な基幹作物。西表の黒糖の品質は県内外に周知されている」と説明。同事業について「政府が進める働き方改革の一環だ。国のキビ産業のさらなる発展につながると確信している」と期待した。

 大和リース㈱沖縄支店の萩田一支店長は「工場で働く人が安心、安全に利用でき、今後のキビ生産振興に役立てたら」と述べた。

 竹富町は、今年度に小浜島(40室)、21年度に波照間島(59室)で同事業を進める計画。23年までの働き方改革猶予期間内に、町内3島の工事を完成させたい考え。

  • タグ: 西表製糖工場宿舎等整備事業西表島
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム