八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県高校総体ソフトテニス 八重高、完全制覇

男子初優勝の髙嶺史弥・吉川洋一朗と女子2連覇を飾った吉川小百合・髙嶺心萌(左から)=24日午後、漫湖公園市民庭球場

男子初優勝の髙嶺史弥・吉川洋一朗と女子2連覇を飾った吉川小百合・髙嶺心萌(左から)=24日午後、漫湖公園市民庭球場

男女個人戦も独占

 2020年度県高校総合体育大会(県高校体育連盟、県教育委員会主催)第6日目は24日、各会場で13競技が行われ、漫湖公園市民庭球場でのソフトテニス競技個人戦男子で髙嶺史弥・吉川洋一朗組(八重高)がファイナルにもつれる死闘を制して初優勝、女子で吉川小百合・髙嶺心萌組(同)が圧倒的な強さを見せ大会2連覇を飾った。八重高男女は前日の団体戦に続き個人戦も独占した。(10面に結果)

 髙嶺史弥は「プレッシャーもあったが最後の舞台で優勝できて良かった」、吉川洋一朗は「(高嶺を)勝たせることしか考えていなかった。目標が叶ってうれしい」と語った。

 吉川小百合は「ほっとしている。男女4冠も最高にうれしい」、髙嶺心萌は「絶対に負けたくなかった。最後に有終の美を飾れてよかった」と笑顔を見せた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム