八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ソフトテニス 八重高男女、歓喜の頂点

初のアベック優勝を飾った八重高のメンバー=23日、漫湖公園市民庭球場

初のアベック優勝を飾った八重高のメンバー=23日、漫湖公園市民庭球場

決勝の3番手、ファイナルの激戦を制した屋嘉部善行(奥)・仲野龍輝組=23日午後、漫湖公園市民庭球場

決勝で落ち着いた試合展開をみせる吉川小百合(右)・仲本こころ組=23日午後、漫湖公園市民庭球場

男子、強豪那覇西撃破 女子は全試合ストレート勝ち

 2020年度県高校総合体育大会(県高校体育連盟、県教育委員会主催)のソフトテニス競技の団体戦が23日、漫湖公園市民庭球場で行われ、八重高男子は14校の、同女子は12校の頂点にそれぞれ立った。

 【男子】

 〈予選リーグ〉

 八重山3ー0那覇

 八重山30向陽

 八重山30本部

 〈準決勝〉

 八重山20那覇西

 〈決勝〉

 八重山21名護

 【女子】

 〈予選リーグ〉

 八重山30那国際

 八重山30那覇商

 〈準決勝〉

 八重山20糸満

 〈決勝〉

 八重山20知念

 

【男子】

名護と決勝、大接戦制す

 準決勝で強豪那覇西を破り、勢いそのままに名護との決勝へ。

 「格上相手にチャレンジャーとして挑んだ」という高嶺史弥・喜舎場兼士組が大城・花田組に4ー1で敗れたものの、続く1年生コンビ吉川洋一郎・高嶺星弥組が福地・平良組に勝利。勝負の行方は3番手の屋嘉部善行・仲野龍輝組へ託された。

 一進一退の攻防が続くなか、後衛の屋嘉部がラリーで粘ると、大事な場面で仲野がボレーを決める攻めのプレーで得点を奪った。ファイナルにもつれる大接戦を制し、念願の初優勝を手にした。

 高嶺史弥は「頼もしい1年生が入ってきて、目標にしていたアベック優勝も勝ち取ることができた。みんなで団結して最後に初優勝できたのは本当にうれしい。ソフトテニスを続けてきて良かった」と笑顔を見せた。

 仲野龍輝は「ソフトテニスを始めて5年、やめようと思うこともあったけど初めてやって良かったと思った。最後に絶対にアベック優勝したかったのでうれしい」と喜びをかみしめた。

 

【女子】

実力示す圧倒的な強さ

 予選から決勝まで全試合ストレート勝ち。圧倒的な強さを見せ、念願の県高校総体初優勝を飾った。「本来の出来で言うと50%くらい」(高嶺享史監督)と全員の調子が上がらなくても勝ち切る実力と強さがあった。

 決勝では1番手の吉川小百合・仲本こころ組が一時22とされたが、百戦錬磨の経験値が生き、落ち着いて立て直した。2番手の平得倖菜・岡田茉里那も得意のつなぐテニスで相手を寄せ付けなかった。

 隣のコートで行われていた男子とともに団体初優勝を決めると、全員で抱き合って喜びを爆発させた。

 吉川は「大会開催が決まってから男女アベック優勝を狙っていた。うれしいの一言に尽きる。同じセンターコートで戦えたことで刺激になった」と笑み。

 全国を目指したメンバーと団体で戦う最後の試合。「小学校から同じメンバーで家族よりも長い時間を過ごしてきた。このメンバーで全国で戦いたかった気持ちは強い」と悔しさをにじませながらも「後輩たちに全国の舞台で活躍してほしい」と思いを託した。

 

  • タグ: 八重山高校ソフトテニス優勝
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム