八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

【速報】学校給食に金属片混入

5月28日に石垣市内の小学校の給食のパンに付着している状態で発見されたアルミニウムのかけら。削げた天板の一部だった(業者提供)

5月28日に石垣市内の小学校の給食のパンに付着している状態で発見されたアルミニウムのかけら。削げた天板の一部だった(業者提供)

7月10日に石垣市内の中学校で給食の米飯の中から発見されたアルミニウムのかけら。大型炊飯器の一部だった(業者提供)

市内で2件、人的被害なし

 石垣市内の公立学校で7月10までに、給食のパンや米から金属片が発見される事案が2件あった。どちらも食前に発見され、人的被害は無し。2件とも劣化した調理器具が欠け、一部が混入したことが原因で、かけらの元となった資機材は撤去、修繕済み。石垣市教育委員会が12日午後、記者会見を開き発表した。

 1件目は5月28日、石垣市内の小学校で、児童が給食の「あみパン」を食べようとしたところ、パンの表面に幅約6㍉、薄さ約1㍉の三日月形のアルミ片が付着していることに気づいた。

 学校が石垣市給食センターと委託業者へ連絡。業者は同日中に、パンを焼く際に使用する天板のかけらと特定し、天板2枚を撤去した。かけらの発生原因は、天板を洗浄する際に金属のヘラで削ったことであり、今後は金属ヘラの使用を禁止、定期的な天板の目視点検を行うとしている。

 2件目は7月10日、市内の中学校で、給食当番の生徒が米飯をよそっている最中、ご飯箱の中に、約3㍉の金属片2個を発見。調理業者が調査し、調理用の大型炊飯器の溶接部分のかけらと特定。翌日に劣化部分除去し再溶接した。再発防止のために、夏休み期間中に炊飯器を分解し再点検するほか、来年1月から新しい炊飯器を導入するとしている。

 2件とも、学校が石垣市学校給食センターへ異物混入を報告した時間が、給食終了間際、または給食終了後だったため、給食は中止されなかった。市教委は異物混入時の対応について学校に通知。どちらの事案でも健康被害はなく、他の学校から同様の報告は無かった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム