八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新館3棟がオープン 八重山最大施設、458客室に

新館3棟が開業したANAインターコンチネンタル石垣リゾート。写真左奥は「クラブインターコンチネンタル」=7日午後、同リゾート(写真は一部加工しています)

新館3棟が開業したANAインターコンチネンタル石垣リゾート。写真左奥は「クラブインターコンチネンタル」=7日午後、同リゾート(写真は一部加工しています)

新館「ベイウィング」のエントランスロビーでは一枚絵のような景色が広がる(提供・ANAインターコンチネンタル石垣リゾート)

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

 ANAインターコンチネンタル石垣リゾート(柳島司総支配人)の「クラブインターコンチネンタル」1棟、「ベイウィング」2棟の計3棟の新館が完成し7日、オープンした。既存2棟を含めて計5棟体制で運営し、客室は255室から203室増の458室となり、八重山地方のホテルで最大となった。

 新館建設工事は2018年11月に着工した。新館完成により同リゾート全5棟に9料飲施設、4宴会・会議施設、4プールの施設状況となった。敷地の総面積は31㌶に及ぶ。県内のANAインターコンチネンタルホテルでは、万座ビーチリゾートの客室数を上回り、最大となった。

 新館「クラブインターコンチネンタル」は8階建てで86室。専用ラウンジやプール、コンシェルジュサービスなどを備える国内初のクラブタワー。

 7階建て117室(2棟)のベイウィング棟には、メインダイニングとして「SALTIDA」(サルティーダ)を設置。石垣牛や島産野菜、魚介類など素材を生かした料理を提供する。

 買い物や軽飲食を楽しめる複合施設「パレットテラスラウンジ」では、ジェラートの世界大会で優勝経験のある柴野大造氏が監修したオリジナルジェラートも販売されている。

 IHG・ANA・ホテルズグループジャパンの最高経営責任者、ハンス・ハイリガーズCEOは「世界200以上のネットワークを持つ世界最大のラグジュアリーホテルブランドとして最上級のインターコンチネンタルライフ体験を提供し、国内、世界中の旅行者を魅了していくことと期待しています」とコメントを発表。

 柳島総支配人は「お客さまのスタイルに合わせた至福の島時間をお過ごしいただけるよう、皆さまのお越しをチーム一同心待ちにしております」などとコメントした。

  • タグ: ANAインターコンチネンタル石垣リゾート新館オープン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム