八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

融資額、過去最大111億円 沖縄公庫八重山支店

沖縄公庫新型コロナ関連融資実績(県内)

沖縄公庫新型コロナ関連融資実績(県内)

コロナ特別貸付、申し込み594件

 沖縄振興開発金融公庫八重山支店(前村司支店長)は3日、同支店の新型コロナウイルス関連特別相談窓口の状況を公表した。八重山管内の新型コロナウイルス感染症特別貸付は、6月28日時点で申し込み594件中、583件で融資が決定。融資額は111億円となり、同支店の年間融資額としても過去最大となる。

 同支店ではことし1月27日に新型コロナの相談窓口を設置。全国的に感染拡大が本格化し、国・石垣市が緊急事態宣言を発令した4月から相談が急増した。事業所の運転資金に関する融資が多く、建設業、マリンレジャー業、牛の肥育農家、デイサービスなど幅広い業種から融資相談を受けた。

 約600件の申し込みのうち融資決定までの進捗率は98%。116億円分の申し込みがあり、111億円の融資が決定した。同支店の19年度の年間融資額は約57億円。今年度は6月末時点で前年度実績を上回った。

 一方、コロナ関連での県内実績は申し込み9675件中、8807件(進捗率91%)で融資決定。融資決定額は1661億円に上る。融資の条件変更は1838件の申し込みがあり、1815件(同99%)で実行した。

 業種別融資決定実績では▽宿泊・飲食32%▽卸売業・小売業16%▽生活関連・娯楽業14%ーなどの内訳。八重山管内でも同様の割合という。貸付金額では、3000万円未満が全体の78%を占めた。

 また、同公庫のセーフティネット関連融資の契約累計は▽新型コロナ7122件(20年1月27日〜6月28日現在)▽東日本大震災424件(11年3月〜継続中)▽リーマンショック347件(08年9月〜14年9月)ーとなっており、コロナの影響が広範囲に出ていることが分かる。

 前村支店長は「申し込みはピーク時より落ち着いたが、東京都で(感染者が)増えているので予断を許さない」と現状を述べ、「コロナが長期化すると資金繰りに影響する。いつでも対応できるようにしたい」と話した。

 同公庫は20年度の2次補正予算で、当初予算1591億円の7.2倍となる1兆1555億円の増額補正、コロナ2〜3波の対応を想定している。

  • タグ: 沖縄公庫過去最大
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム