八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

返礼品の発送を開始 石垣牛CFプロジェクト

支援者向け発送される石垣牛商品。関係者が拍手で見送った=1日午後、担たん亭

支援者向け発送される石垣牛商品。関係者が拍手で見送った=1日午後、担たん亭

総額1789万4338円を確保 JAおきなわ

 インターネット上で支援金を募り、返礼としてJA石垣牛を贈るJAおきなわの石垣牛クラウドファンディング(CF)プロジェクトは6月21日で終了し、1141件1789万4338円が寄せられた。JAおきなわ八重山地区畜産振興センターは1日、生産者からの感謝のメッセージを動画で伝えるQRコード付きの礼状も添え返礼品の発送を開始した。

 支援は山形、鳥取、高知を除く都道府県からあった。多い順に関東502件、沖縄236件、近畿166件、九州62件、北海道24件、中国21件、東北13件、四国10件。八重山では石垣市46件、竹富町3件だった。

 支援総額に端数が生じたのは「良い肉」の語呂合わせで429円、「サンキュー」の39円や3万9000円など、規定の金額以上の支援があったため。これが175件と支援総件数の15%を占めた。金額は計33万7338円。JAは「CFの趣旨である支援という形が如実に表れ、大変感激している」と感謝する。

 同センターは、今回の取り組みについて「さまざまなデータが入手でき、貴重な経験をすることができた。当組合の扱う農畜産物の販売促進につなげたい」としている。

 返礼品の発送式が1日、発送を担う5精肉店のうち新川の担たん亭であり、JA石垣牛肥育部会の多宇司副部会長は「全国から支援を受け助かった。おいしい石垣牛を食べてもらい、ぜひ石垣島にお越し頂きたい」と感謝、八重山地区本部の石垣信治本部長も「心温かい気持ちで石垣牛の産地を支援していただいた。絆ができたことをうれしく思う」と述べた。

 地元支援者の池田愛子さん(49)=登野城=と、新里まり子さん(39)=八島=に商品が贈呈された。

 夫の真作さん(53)と子牛を生産する池田さんは「子牛を購買者に買ってもらっているので、まずは自ら購入した。和牛を消費してもらいたい」とPR。

 夫の朋也さん(38)とともに繁殖から肥育まで行う新里さんは「購入者の気持ちがうれしい。生産者の励みになる。新しい時代に対応できるよう頑張っていきたい」と決意を新たにしていた。

  • タグ: JAおきなわクラウドファンディング返礼品
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム