八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

国内外の凧(たこ)愛好家の…

 国内外の凧(たこ)愛好家の参加を得て6月末開催予定だった20周年記念・第20回石垣島全国凧あげ交流会はコロナ禍で来年へ延期された▼計画では来る7月開催されることになっていた東京オリンピックにちなんだ世界の凧大集合を銘打っていただけに残念。事前に送ってもらった各地の珍しい凧は来年まで預からせてもらうことに。中に祝2020年東京オリンピックの文字の入ったものも▼そこで交流会事務局の八重山凧愛好会では、会が毎月最終日曜日に行っている凧上げの日を交流会の代替として、届いている凧の一部を試し上げすることに決めた▼2001年に始まった交流会は、晴天の多い夏至の前後に吹き渡るカーチバイ(夏至南風)に恵まれ、終日、連日で凧上げができるので全国の愛好家にとっては憧れの凧風の聖地。リピーターの多いのも特徴で昨年まで19回19年間皆参加の方は延期に落胆、航空券は日時空けいつでもOKとの由▼なぜか石垣島は凧の宝庫としても一目おかれていて各地の凧関連施設では八重山の伝統凧が展示されている▼それだけに本日の凧上げでは八重山の伝統凧、世界の珍しい凧、会員の創作凧、悪霊・疫病を退けると言われるアマビエ(石垣島風)凧もあげて、平和を祈りコロナに負けない気概を示したい。3蜜に気を付けて。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム