八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市議会に提案された…

 石垣市議会に提案された尖閣諸島の字名を「字登野城」から「字登野城尖閣」に変更する議案▼近隣国との緊張悪化を招くのではないかと懸念された注目の採決は、与野党が対立したものの与党らの「他国に配慮する必要はない」との討論をへて賛成多数(13対8)で可決された▼議案は当局が現字名では一見して「尖閣」と分からないため、石垣島の「登野城」との違いを明確にし、行政事務手続きの効率化を図る必要があるとして6月定例議会に提案した▼事務手続きの効率化などが目的の変更については、市尖閣諸島字名変更検討委員会で石垣市から意見を求められた専門家が「事務処理上の効率化のために、という点で変更を急ぐ必要はない」と助言していたことが本紙報道(19日付1面)で分かった。委員からは、国際的な影響を懸念する声が出ていたことも判明した▼変更案の可決に中山義隆市長は「政治的な意図はない」と強調しているが、現実的にそういう役割を果たしている。領海侵犯を踏まえて中国をけん制する意味があると台湾政府に伝えたとの報道にも「私の口からコメントはない」と否定しなかった▼今回の可決に中国と台湾がすかざず反発。尖閣いまだ波高しの状況である。石垣市の未来像に市民が不安を抱くようなことがあってはならない。(鬚川修)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム