八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

定期活動日を決める…

 定期活動日を決める。参加は無理強いしない。この二つはボランテイァや同好会を長く続けるための大事な要素。それに入退、再入退会の自由があれば尚いい。しばらくの間休んでも、いつかまた一緒に活動できると思えば仕事をしていても楽な気持ちでいられる▼国道ヤラブ並木(約8㌔)の若枝摘みボランテイァは、大浜中の同窓生有志と八重山ライオンズクラブの会員が毎月15日のスタートで早起き作業に精出している。1日2時間、1週間ほど、都合の付く人が率参加し汗を流している▼今年4月から在職中の勤務多忙を理由に活動から離れていた方が、退職を契機に第2の人生の健康増進の一助にしたいと復帰している。若手が加わると作業もはかどり予定時間の短縮につながっている▼さて6月、ヤラブ並木は一斉に花が咲き道路に白い花弁を散らしている。花が終わると実が熟し落下、こちらは大量に歩道を覆う。この実は丸くて固い、踏むとすべるので拾う作業が必要だ。梅雨で水分を得た植栽の雑草もよく伸びている。こちらの刈り込み作業も急務▼ただ、すべてボランテイァでという訳にもいかぬ。となると管理者の八重山土木事務所の出番▼県の八重山事務所を訪ねてみようかな。でも嫌な予感。管理費が少ないのか事務所周辺は山嵐同然。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム