八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

観測史上最大相次ぐ 猛烈な雨、轟川が一部氾濫

轟川が氾濫し、道路上で水没する車両。濁流が流れる=8日午前10時ごろ、牧那真(まきなま)橋近く(読者提供)

轟川が氾濫し、道路上で水没する車両。濁流が流れる=8日午前10時ごろ、牧那真(まきなま)橋近く(読者提供)

水が引いた後の車両。水の勢いで畑にまで移動していた=8日午後3時ごろ

住民生活に大きな影響 土砂災害に警戒呼び掛け

 石垣島地方は8日、梅雨前線や湿った空気の影響で記録的な大雨に見舞われた。石垣市登野城で午前9時20分までの1時間に122.5㍉、西表大原で同9時1分までに97.5㍉の猛烈な雨が降り、6月観測史上最大を記録した。市内では河川氾濫、道路冠水、床下・床上浸水、停電など住民生活に大きな影響が出た。市防災危機管理課によると、車両の水没などで10人が救助されたが、ケガ人はいない。

 登野城では午後1時40分までの6時間雨量と午後6時10分までの12時間雨量がそれぞれ288.5㍉、339.5㍉と年間を通して観測史上最大の雨量となった。同日の雨量も午後7時20分現在、361.5㍉と6月の観測史上最大。

 午前中の猛烈な雨により市内では被害が相次いだ。轟川では一部氾濫し、車両1台が水没した。道路冠水により、確認できただけで20台近い車両が水没、動けなくなった。8カ所で交通を規制、警察官や職員らが対応に当たった。住宅にも被害があり、床上浸水が5軒、床下浸水が9軒あった。

 沖縄電力によると、市内では午前8時9分以降、大川など四カ字の一部を除く全域で延べ2650戸で停電、同9時32分までに復旧した。原因については調査中としているが、落雷によるものとられる。

 竹富町によると、小浜島で県道201号の一部が冠水した。

 石垣島地方は午前8時半に大雨警報、同41分に土砂災害警戒情報、同59分に記録的短時間大雨情報を出し、同日午前11時9分には「石垣島では50年に1度の記録的な大雨となっているところがある」として警戒を促した。

 市は午前8時41分、土砂災害の恐れがあるとして島内5カ所の林道を封鎖した。土砂崩れの報告は入っていない。気象台は土砂災害に警戒するよう呼び掛けている。

 登野城以外の各地の雨量は午後7時10分現在、西表大原185・5㍉、伊原間100.5㍉、川平58.0㍉などとなっている。

 気象台によると、石垣島地方は9日も梅雨前線や湿った空気の影響で雨や雷雨となり、所によって昼すぎは激しい雨が降る見込み。与那国島地方では曇りや雨の天気となり、所により雷を伴う見込み。

  • タグ: 観測史上最大大雨
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム