八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市入域観光客 4月、9割減の1万2828人

4月入域観光客数

4月入域観光客数

コロナ影響 国際線は2カ月ゼロ

 石垣市はこのほど、市の2020年4月の入域観光客数の推計を発表した。同月の入域観光客数は新型コロナウイルス感染拡大の影響で1万2828人にとどまり、前年同月比で10万8078人(89・4%)減となった。同月の観光消費額推計は10億2000万円で、3月の62億2000万円から52億円減、新型コロナが経済にも大きな打撃を与えた。国際線客は海路・空路ともに就航せず、2カ月連続でゼロだった。

 4月の入域者数は、同月7日に発令された国の緊急事態宣言を受け、国内の移動が大幅に減ったことで減少。さらに同月13日には、石垣市で陽性者が初確認され緊張感が高まった。その後、同月24日までに石垣空港発の東京、関西、名古屋、福岡の本土直行便が全便運休。6月1日現在でも運休は続いている。

 20年1〜4月の入域観光客数は26万8244人で、観光消費額の推計は199億8000万円。入域客数は▽1月9万2437人(前年同月比96・1%)▽2月8万4275人(同87・2%)▽3月7万8704人(同76・1%)▽4月1万2828人(同13・1%)—と推移したが、いずれも前年同月比を下回っている。

 消費推計額も1〜3月は月間60億円台を維持してきたが、4月は入域客の落ち込みと同様に激減した。

 4月の観光入域者は路線別で▽東京2103人▽成田704人▽大阪1664人▽名古屋366人▽福岡393人▽那覇7134人▽宮古464人|となる。内訳は県外客1万820人、県内客2008人。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム