八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「今は来島しないで。そのかわり、感染の

 「今は来島しないで。そのかわり、感染の恐れが無くなった暁には、これまで以上のおもてなしでお迎えいたします」は、旅行者へのお願い呼びかけとして、観光地の首長、関係者が揃って口にしている紋切り型▼はてさて、この感染症騒ぎ、いつ落ち着くのかしらん。格安航空便の就航、宿泊施設の増加、大型クルーズ船の停泊できる港湾整備などで客数を伸ばしてきた八重山、宮古の観光に今回のコロナ禍は、大きな試練を与えている▼150万近くの入域客数を数えるようになって、これからは量でなく質の時代だとの住民の声も。ただ普通に考えて観光地側で客の良しあし器量を図るのはいかがなものだろう。長期滞在も、たくさん消費するのも客の都合で、こちらの思わくで左右できるものではない▼となると、私たちにできることは観光客への各種アンケートなどで示された行ってみたい観光地として石垣島、宮古島が選ばれてきた理由の海などの自然や景勝地とそこへ至る交通網を整備し保全していくことに尽きるのではないか▼将来的にもベスト観光地に選ばれたいなら赤土を流出させる開発や箱物行政は見直し、海浜、道路、名勝地、公園、トイレの美化清掃、清潔管理を重点公共事業として優先したい▼おもてなしは島人の普段の接遇で十分では。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム