八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

求む支援、返礼は石垣牛 JAおきなわ

JA石垣牛のクラウドファンディングをPRする関係者たち=29日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ

JA石垣牛のクラウドファンディングをPRする関係者たち=29日午後、南の美ら花ホテルミヤヒラ

クラウドファンディングサイトのQRコード

CF展開「買って消費を」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、需要が落ち込み消費が減ったJA石垣牛の販路を広げるため、JAおきなわは29日、クラウドファンディング(CF)を活用して全国から支援金を募り、返礼品として石垣牛を提供する取り組みを始めた。関係者は「買って消費して支援してほしい」と協力を求めている。

 同日午後、実施主体のJAおきなわ、協力組織の石垣市、JA石垣牛肥育部会、JA石垣牛セリ購買者、石垣島和牛改良組合の担当者が市内ホテルで会見を開き、趣旨を説明した。

 CFでは1万2000円、1万7000円、2万2000円の3パターンで支援金を募り、送料分を差し引いた地元店舗の価格帯で石垣牛セットを返礼品にするもの。コロナ禍以前の価格と比較すると約3割安いという。同企画のキーワードは「#ブランド牛応援リレー」。

 JAおきなわ八重山地区本部の石垣信治本部長は「今回の低迷で精肉が滞留状態。枝肉価格も下落しており、生産者も厳しい状況だ。ピンチの石垣牛と産地を築いてきた42人の生産者のために買って消費して支援を」と呼び掛ける。

 中山義隆市長は「年数かけて育ててきた牛を買う人がいないのは悲しい限り。これまで好評を得てきた石垣牛だ。味には自信があるので喜んでいただけると思う」とPRした。

 関係者によると石垣牛は市内で1500〜1600頭ほど飼育されているが、コロナ禍で需要に急ブレーキ。出荷時の月齢は去勢、メス共に29〜30カ月が多いものの、現在は30カ月以上の石垣牛約200頭が出荷のタイミングを失って滞留している。

 CFはサイト「CAMPFIRE」で同日午後3時から始まった。期間は6月21日までの24日間で目標支援額は1000万円。在庫は3500パックあり、全てを出荷した場合5200万円分の売り上げとなる。

  • タグ: JAおきなわクラウドファンディング石垣牛
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム