八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

アベノマスクはまだ届いていないが、石垣市…

 アベノマスクはまだ届いていないが、石垣市からは28日、新型コロナ対策として国民1人に10万円を支給する国の特別定額給付金の申請書がわが家にも届いた。竹富町、与那国町はすでに支給を行っており、市でも10日から順次、申請された口座に振り込んでいく予定だ▼3市町の給付金は石垣49億6870万円、竹冨4億3380万円、与那国1億7240万円で総額55億7490万円▼個人的には、例えば勤め先の休業に伴って収入が途絶えたり減ったりして真に生活に困窮している世帯にこそ振り向けるべき財源だと思うが、一律給付となった。これを生かさない手はない▼市が郵送した申請書は約2万4000通。担当班は1日から、返信されてくる申請書のチェックを行う。記載事項や添付資料の漏れ、誤りがあると、やり直しになるため、投函(とうかん)前に確認の徹底を求めている▼申請期限は8月31日。今すぐ必要ではないという人は急ぐ必要はない。申請書がドッと届けられると、審査に時間を要して振り込みに遅れが出るおそれがあるからだ▼給付金を生活費に充てる人は多いはず。一方で給付金がなくても生活に困らない人もいる。そんな世帯には、地元産品の消費にと期待したい。売り上げ減に苦しむ地元業者の応援のために。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム