八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

戦後初、ハーリー中止 石垣市

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、史上2回目の中止が決まった石垣市爬龍船競漕大会(写真は2019年6月6日、石垣漁港)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、史上2回目の中止が決まった石垣市爬龍船競漕大会(写真は2019年6月6日、石垣漁港)

新型コロナ防止対策 各組、御嶽で神事を行う

 石垣市ハーリー委員会は16日、新型コロナウイルス感染拡大を懸念し「2020年度第114回石垣市爬龍船競漕大会」(上原亀一大会長)の中止を決定した。上原大会長によると、大会中止は第2次世界大戦中の1945年以来2回目。各組の代表者らは「コロナに負けたくなかったが、開催すると集団感染の要因になりかねない。協議し断腸の思いで決めた」と悔しそうに話した。各組とも御嶽での神事は執り行う。

 ハーリーは毎年旧暦5月4日に行われ、漁業者の航海安全と豊漁を祈願する伝統行事。ことしは6月24日に当たっている。

 大会事務局の八重山漁協によると、同大会は1906(明治39)年に始まった。開催日をずらせないため台風が接近しても挙行し、戦時中一度だけ中止に追い込まれたという。

 市民や観光客らが会場の漁港を埋め尽くし東1、2組、中1、2組、西組の漕(こ)ぎ手が勇ましく櫂(かい)を漕(こ)ぐ姿は初夏の風物詩となっている。

 実行委は4月11日に団体など各種目の中止を決定。本バーリーは第2回協議に判断を延ばしていた。協議では、無観客の本バーリー開催も案として挙がったが、▽市内で新型コロナウイルス感染者が出た▽ハーリー会場が集団感染の発生源になる可能性があるーを理由にやむなく中止を決めた。

 上原組合長は「県内各地でも中止が決まっている。今の状況だと開催は厳しい」と述べた。

 中・西合同で13連覇がかかっていた西組の末吉正和委員長は「御願バーリーだけでもやりたいが、縮小して祈願だけになるだろう」と残念そうにこぼした。

 6月24日のハーリーは八重山各地にも影響が出ている。爬龍船競漕を中止し、祈願のみ執り行う地域は与那国(久部良)、フナクヤー(伊原間)、細崎(小浜島)。白保、白浜(西表島)は祈願のほか、御願バーリーの開催可否を検討中。今後、八重山での新型コロナウイルス発生状況をみて判断する。

  • タグ: ハーリー新型コロナウイルス中止
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム