八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島地方で記録的な大雨

記録的大雨で冠水する新栄大通り=12日午前7時20分ごろ

記録的大雨で冠水する新栄大通り=12日午前7時20分ごろ

観測史上最大の126㍉ 各地で道路冠水や停電も

 梅雨入り直後の12日早朝、石垣島地方は梅雨前線の影響で記録的な大雨に見舞われ、石垣市登野城で午前7時2分までの1時間に1896年(明治29年)の観測史上最大の126㍉の雨量を記録した。石垣市防災危機管理室によると、道路冠水が相次ぎ、大川では床下浸水も1軒あった。発達した積乱雲の影響で落雷もあり、沖縄電力によると、最大で約5500戸が停電した。市によると、ケガ人の報告はない。

 市内では南大浜線、新栄大通り、八重山商工前などで道路の冠水があった。南大浜線で車両2台、旧空港給油所前の国道390号で同1台が立ち往生した。

 竹富町によると、小浜島で県道210号線の一部が冠水、民家の床下浸水も1軒あった。

 沖電によると、同日午前6時4分以降、石垣島、竹富島、黒島、小浜島で計5500戸が停電した。午前11時51分までに大部分で復旧した。

 石垣島地方には午前6時15分に大雨警報が発令され、同9時52分に解除された。

 午後5時半現在、各地の雨量は▽登野城169・5㍉▽盛山88・0㍉▽川平82・0㍉▽伊原間54・5㍉▽大原19・0㍉▽波照間11・0㍉▽与那国13・0㍉|などとなっている。

 13日も梅雨前線の影響で曇り、石垣島地方では昼すぎに一時雨、与那国島地方では昼すぎから所により雨が降る見込み。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム