八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市・竹富町 1カ月遅れの入学式

入学式で名前を呼ばれ元気よく返事する新1年生=12日午前、登野城小学校体育館

入学式で名前を呼ばれ元気よく返事する新1年生=12日午前、登野城小学校体育館

小学校645人、中学校619人新たな門出 新型コロナで規模縮小

 新型コロナウイルス感染防止のための臨時休校が明けた石垣市と竹富町の公立小中学校は11日と12日に、約1カ月遅れの入学式を各校で行った。4月15、16日に式を行った与那国町を含め、郡内公立小学校で新1年生645人、中学校で619人が新たな学び舎の門をくぐった。

 このうち登野城小学校(棚原広幸校長、児童642人)では、列席を保護者と教職員のみに限定して式を開催。午前9時半、マスクを着用した式服姿の新1年生119人が、体育館へ堂々と入場した。

 棚原校長は「新型コロナウイルスの影響で自宅で1カ月も待つことになり大変だったと思う」と児童と保護者をねぎらい「ありがとうといっぱい言える人になってほしい」と激励。児童会長の菊池拳太朗君(6年)が「皆のことをとても楽しみに待っていた。楽しい毎日にしていきましょう」と歓迎した。

 式後、各教室でオリエンテーションを実施。髙江洲青和君(6)は「入学式ってどんなことをするのかなとずっと楽しみだった。本をたくさん借りたい」と笑顔を輝かせ、運天朝陽さん(6)が「入学式楽しかった。算数を頑張りたい」とはにかんだ。早朝の大雨の影響で、複数の学校は式の開始時間を遅らせた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム