八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

竹富町 きょう緊急事態宣言を解除

特別定額給付金の事務作業に追われる職員ら=6日午後、竹富町役場仮庁舎

特別定額給付金の事務作業に追われる職員ら=6日午後、竹富町役場仮庁舎

「買い物支援」は継続

 県内で新型コロナウイルス発症者が確認されていないことなどを踏まえ竹富町は4日、4月18日~5月6日まで実施した竹富町緊急事態宣言を7日付で解除することを発表した。1日から6日間実施した高速船・貨物船のチャーター便も終了し、7日から観光客の乗船も可能。町内サービス事業者への営業自粛も同日付で解除となる。

 高速船・貨物船チャーター便終了後の定期船運航は、事態が収束するまで現状の▽2往復4便▽1往復2便―の便数・時刻を維持する。

 町内保育所は9日まで休所を延長し、11日に開所。幼稚園の入園式は12日、小中学校の始業式・入学式は11日を予定。

 これまで要請してきたサービス事業者の営業自粛については、7日付でいったん解除する。ただ、政府や沖縄県の緊急事態宣言は継続されるため、営業再開時に必要な感染防止対策をするよう求めている。

 竹富町内から石垣島へ買い物に来ることが困難な町民を支援する「買い物支援サービス」は当面継続する。

 町民1人当たり10万円を支給する国の特別定額給付金は7日から支給を開始する。

■竹富町民に10万円支給

 県内最速、特別定額給付金

 竹富町が国の新型コロナウイルス感染症緊急経済対策「特別定額給付金」の準備を急ピッチで進めており、7日から10万円の給付がスタートする。6日現在、町内全世帯の47・2%に当たる1185世帯から申請があった。竹富町によると定額金の給付は県内自治体で最速。

 同町では申請用紙を4月28日~30日に発送。町職員は5月1日からゴールデンウイーク返上で1000件余の申し込み対応に追われた。

 6日、竹富町役場仮庁舎では職員12人が出勤し申請書対応。添付書類や口座確認、金融機関への振り込み依頼の準備を進めた。

 申請書の中には本人確認資料を添付していないケースも。担当者は「本人確認と金融機関の書類を忘れずに添付してほしい」と呼び掛けている。

 給付期間初日となる7日は、4世帯に給付する。6日までに申請した町民には、5月中旬には給付金が振り込まれる予定。町内の対象世帯は2510世帯。申し込み締め切りは7月31日。

 問い合わせ先は同町新型コロナウイルス問い合わせ窓口まで。(83―3140、82―7529

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム