八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市4例目の感染確認 20代男性

石垣市新型コロナウイルス4例目感染経路

石垣市新型コロナウイルス4例目感染経路

2、3例目のバーで飲食 行動履歴判明せず 市民の不安と緊張高まる

 県は28日、石垣市内で4例目の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。20代男性で患者発生は12日ぶり。2、3例目の20代男性2人が勤務するバーで飲食しているが、行動履歴が判明しておらず、県八重山保健所(森近省吾所長)が調査している。市民には「気のゆるみがあったのかもしれない」「誰が感染しているのか分からない」と不安と緊張が高まった。

 男性は5日、2、3例目の20代男性2人が勤務するバーで飲食しているが、2人が同席していたかどうかは分かっていない。2例目の男性の感染が確認された13日の翌14日夜と21日に八重山病院を受診、胸部CT検査などで異常はなかったが、25日に頭痛や咽頭違和感などがあっため検体を採取。28日に県衛生環境研究所のPCR検査で陽性が判明した。

 初受診の14日から検体採取の25日までの経過観察期間中の行動が把握されておらず、県八重山事務所(宜野座葵所長)で会見した八重山地域新型コロナウイルス対策本部長の宜野座所長は「まさにそこが重要で慎重に調査している」と強調。対策会議で中山義隆市長も調査後の情報提供を強く求めた。

 3例目の男性が美崎町の複数の飲食店で多数と飲食していることからクラスター(集団感染)が懸念されていたが、宜野座所長は▽発症からの日数▽濃厚接触者の健康観察▽相談外来の受診状況|などから「全面的に否定することはできないが、可能性は薄いのではないか」との見方を示し、森近所長は「可能性が弱いかどうかを含め警戒が必要だ」と注意を喚起した。

 男性は、保健所が把握し健康観察を行っていた3例目の濃厚接触者には含まれておらず、市の相談外来を受診していない。森近所長は「本人(2、3例目)からの聞き取りで把握するので漏れる人は出てくることはあり得る。2、3例目から(男性の)名前が挙がったとは聞いていない」と述べた。

 男性は同日から八重山病院に入院中。重篤ではないという。病院は、感染者に対応できる病床9床のうち4床で受け入れている。

 森近所長は「今が拡大を食い止める瀬戸際」「八重山の医療資源には限りがある」として感染予防対策の徹底と外出自粛に協力を求めた。対策本部は28日以降も継続して対策に当たることを確認した。

  • タグ: 新型コロナウイルス石垣市4例目
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム