八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市が16日に…

 石垣市が16日に非常事態宣言を発表し、全市民に外出自粛を求めてから23日で1週間になる。街中で人影が減り、大勢の観光客や市民が行き来した過去のにぎわいが消えた▼筆者も先日、仕事休みの2日間、外出を自粛し、ほぼ一日中、家の中で過ごした。これまでインフルエンザなど病気で寝ていたことはあったが、病気でもないのに2日間、自宅で過ごすのは初めての経験だった▼当初、仕事の疲れがたまっているので、いい休養になると考えていた。だが、いざ始まると、時間はたっぷりあるのにやることがさほど無い。必然的にテレビを見ながらゴロゴロ、パソコンを触ったりとだらけ放題▼この状態がゆっくりできていい、と考える人もいると思うが、筆者には1日はまだしも2日間はかなりのストレスだった▼この状況を7日から続けている子どもたちは、1日をどう過ごしているのだろうか。勉強せずにテレビとゲームばかりしている、との声も聞こえる。元気が有り余る子どもには、家の中でジッとしていることは大人以上に苦痛のはず。定期的に野外に出てストレス発散が必要だ▼だが、公園が使用禁止となり、屋外に出る場所も限られている。5月7日の学校再開まであと2週間。親子で屋外での息抜きと家遊びを工夫し、乗り切ろう。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム