八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

PCR検体の採取開始 「濃厚接触者すぐ相談を」

石垣市中央運動公園野球場会議室に設けられている新型コロナウイルス感染症相談外来=17日午前

石垣市中央運動公園野球場会議室に設けられている新型コロナウイルス感染症相談外来=17日午前

新型コロナ相談外来 電話回線も増設対応

 石垣市は、市中央運動公園野球場会議室に開設している新型コロナウイルス感染症相談外来で18日午後、PCR検体の採取を開始した。これまでは八重山病院に紹介していたが、同病院の負担軽減と検体調査の迅速化を図ろうと同病院を介さずに実施することに。中山義隆市長は「三次感染を防ぐため、二次感染の疑いのある3例目の濃厚接触者はすぐ相談を」と呼び掛けている。

 同外来には18日、42件の電話相談があり、うち19件の外来があった。うち7件でPCR検査の検体採取を行った。電話での問い合わせが相次ぎ、回線が混雑して一時つながりにくい状況となったため、19日に3回線から5回線に増設して対応する。

 この日午後から始めたPCR検査の検体採取は換気のいい場所で行った。八重山保健所を通して県の検査機関に送られる。2日後に陽性か陰性かの結果が出る。

 中山市長は「感染者と接触したと自覚している人には、相談外来に来ると周りの人にうつしたり、うつされたりすると相談をちゅうちょするケースもあると聞いているが、とにかく早く相談して白か黒かはっきりさせたほうがよい。三次感染を防ぐため、20日までに濃厚接触者の調査をすべて終えたい。自分自身のためにも周囲のためにも、すぐに相談を」と訴えている。 相談外来の電話番号は070―5273―7900(7901、7902、7903、7904)。

  • タグ: 新型コロナウイルス石垣市
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム