八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

竹富町ガイド条例施行  

竹富町観光案内人条例の施行で、遊覧船での観光案内も免許が必要となる=2月24日、仲間川

竹富町観光案内人条例の施行で、遊覧船での観光案内も免許が必要となる=2月24日、仲間川

竹富町観光案内人条例

先行、西表島の業者に免許交付

 竹富町観光案内人条例(ガイド条例)が1日、施行した。他島に先行して西表島で行われている有償ガイド業に対し、基準を満たした事業者・個人に町長が免許を交付するもの。無免許でツアーを実施した場合、勧告を受け違反者として名前が公表される。免許申請期間は15日~6月16日まで2カ月間。世界自然遺産登録を目指す西表では、登録後に観光客や新規参入事業者の増加によるオーバーツーリズムへの懸念もあることから、町は条例の運用で▽ガイドの適正化▽▽自然環境の過剰利用防止と保全活動ーを推進していく。

 町によると、条例による免許制度の導入は全国初。ガイド免許取得の要件は、過去4年以内に延べ3年以上か300日以上のガイド実績があること。各公民館の所属証明、地域振興に努めている証明書なども必要となる。救命や水難救助の受講証明、ツアーで利用するフィールドや各アクティビティーの申請も行わなければならない。

 ほかにも▽ガイド事業者・個人の登録料▽利用ルールや安全管理に関する研修会の受講▽外国籍ガイドの日本語能力の証明書▽暴力団等の排除に関する誓約書―などの要件もある。

 バス、タクシー、水牛車観光、集落内や集落周辺での歴史・文化の無償案内、地域内に整備された公園内の案内は対象外。「自然環境に負荷を与えないもの」と審査委員会が認めた行為も免許が無くても案内可となる。

 免許更新は3年ごと、条例見直しは5年以内に行う。

 条例に違反した者は、免許取り消しなどの行政処分が科せられる。町は今後、刑事罰も条例に追加する考え。関係法令としてエコツーリズム推進法に基づいた「西表島エコツーリズム推進全体構想」と関連づけていく。

 受け付けは月・水・金曜日に西表島エコツーリズムセンター、火・木曜日に西表野生生物保護センターで、町職員らが対応。免許の交付は書類提出から最短で1カ月後になる。

 ガイド以外に、報道関係の取材や学術研究にも届け出が義務付けられる。

  • タグ: 竹富町竹富町観光案内人条例ガイド条例
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム