八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

クロマグロ初水揚げ 例年より早く、質が良い

今期初めて水揚げされた体長241㌢、体重309㌔のクロマグロ=26日午前、八重山漁協

今期初めて水揚げされた体長241㌢、体重309㌔のクロマグロ=26日午前、八重山漁協

八重山漁協

 県内のクロマグロ漁が始まり、八重山漁協では26日、今期初の水揚げがあった。集魚灯船の「百波丸」(王滝貴船長、11㌧)が漁獲したもので、体長241㌢、体重309㌔。例年より一足早い第1号の水揚げに王滝船長(33)は「狙いにいって揚がったのでうれしいのひと言」と喜んだ。

 百波丸は21日に出港し、22日夜、石垣島北西約100㌔の海域で釣り上げた。王滝船長によると引きが弱かったため手でたぐり、1時間半ほどで引き上げたという。百波丸のクロマグロの漁獲は昨年から数え3本目。

 漁協に到着し、大物が姿を現すと、駆け付けた家族や関係者から歓声が上がった。釣り上げたクロマグロは梱包(こんぽう)され豊洲市場に送られた。

 王滝船長は「クロマグロは釣れただけで達成感が強い。新型コロナウイルスの影響で値段は安いと思うが、身がいいと聞いたので(豊洲へ)送る決意をした」と話し「1番なので運が来ていると思う」と笑顔を見せた。

 同日、はえ縄漁船ひの丸(日野洋平船長・9.7㌧)も体長203㌢、173㌔のクロマグロを水揚げ。漁業関係者は「例年より潮が1か月ほど早い。産卵期前なので脂が乗っている」と期待した。

 八漁協によると、マグロを漁獲する漁船ははえ縄船24隻、集魚灯船25隻。おもにはえ縄がクロマグロを水揚げする。昨期は223本、45㌧(うち本土出荷25㌧)の漁獲量があり、県全体の水揚げ115㌧の39%を占めた。

 八漁協市場販売課の友利邦明課長は「ことしはすでに那覇で15本、宮古で2本揚がっていたのでようやく八重山でもという感じ。太っていて質がいいなと思った」と話した。新型コロナウイルスの影響については「今のところ魚の量や値段に変動はないが、今後安くなる可能性もある。頑張っていきたい」と不安げな表情も見せた。

  • タグ: クロマグロ初水揚げ八重山漁協
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム