八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

一般会計40億円余り 建設事業費が46%ダウン

36258.jpg

与那国町20年度予算

 与那国の2020年度一般会計予算は総額40億4470万円で、前年度比11億2522万円(21.7%)の減となっている。性質別予算構成をみると、会計年度任用職員の導入で人件費は同比4.8%増の7億5249万円。建設費は新規公共工事の減少により普通建設事業費が12億2422万円で46.4%の大幅減となっている。

 歳出のうち総務費は8億1541万円で3億1430万円の減。海底景観資源調査事業で1092万円、与那国町デマンド交通運行事業で3000万円、農林水産業新規就業者用定住型住宅確保事業で1億1336万円の減によるもの。新規では、第5次与那国町総合計画策定事業に1170万円を盛り込んだ。

 衛生費は5億5252万円減の9億9282万円。最終年度を迎えるごみ焼却施設建設事業費は5億5197万円の減となっている

 農林水産業費も5億1739万円減の4億2150万円。沖縄製糖業体制強化対策事業で3億4395万円の減、農山漁村活性化対策整備事業(比川田原地区)で2億107万円の減が主な要因。

 教育費は4165万円増の3億9967万円。学校ICT教育環境整備事業に4591万円増の5130万円を計上している

 このほか、民生費は534万円減の3億2216万円、商工費は5024万円増の1億5038万円などとなっている。

 歳入では、自主財源の根幹を成す町税は0.8%減の2億471万円。固定資産税の増、町民税の減を見込む。

 (額は千円以下切り捨て)

  • タグ: 与那国町予算
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム